« 「もし横須賀基地が怪獣に襲われたら自衛隊は銃を撃ちますか?」 | トップページ | 同志達よ目覚めよ!! »

2009年5月31日 (日)

身も凍る土曜日の恐怖「奴は俺を見ている。」

土曜日の朝の出勤。

眠たい目を擦りながら隊長はいつもの駅に向かった。

改札を抜け、上りホームへと階段を降りていった。

そしてそこに奴はいた。乗客の最前列、深く帽子をかぶり、チノパンにTシャツ、ベージュのベストをまとった奴が立っていた。

一瞬目があったような気がしたが隊長はぼーっと視線をそらした。

目をそらしていても視野のすみに奴の視線を感じていた。

関わりたくない。

今までどれだけ奴に関わりたくないオーラを示してきたことか、それでも空気の読めない奴は何度も話しかけてきた。そのたびに必死でそっけない態度で接してきた。

奴がジムを辞め、やっと平穏を取り戻していた。

もうかれこれ数ヶ月は会ってない。その奴が今視界の片隅に映っている。

隊長は足早に駅の先頭に向けて歩いていった。

ここまでくればもう安心、ホームの前から二つ目の扉の列にならんでいた。

「大阪方面行き~電車がまいります。」

ホームのアナウンスが流れた。

人間の心理は不思議なもので電車が来ると聞くと、並んでる客は電車が来る方を一斉に見つめてしまう。隊長も例外はなく電車が来る方を眺めていた。

しかし、隊長は唖然とした。隊長が見たものは電車ではなくホームの後方から足早にこっちに向かってくる奴だった。

ホームの後方最前列に並んでた奴、土曜日といえ乗客は多い。少しでも前にいれば座ることは出来ないにしても心地よい位置をキープできる。しかし奴はわざわざ最前列から離脱してこっちに向かってくるではないか。

反射的に目をそらした隊長、しかしもう遅い、単純に考えて奴がこっちに来ると言うことは

「俺に話しかけて来る以外考えられない。」

また今までみたいに素っ気ない態度をさないといけないのか。あ~辛い。

目はそらしているものの視界に迫る奴。

しかし、奴は意味不明な行動にでたのだ。隊長の真横を肩が触れるか触れないかの真後ろを何も言わず足早に通り過ぎていったのだ。

「肩が触れるか触れないかの真後。。。。」

「奴は俺を見ている。」

背中に寒いものを感じた瞬間だった。

ホームに電車が入ってきた。

足早に乗り込む隊長、もしかしたら電車の中で話しかけてくるつもりなのか?

逃げる事の出来ない15分、朝からげんなりと気持ちが落ち込んだ。

幸いなことに車内は混雑していた。

奴と隊長の距離は扉一つ離れていたため乗客が邪魔をして奴に話しかけられることはなかった。しかし、奴はなぜここに来たのか?その疑問が頭の中から離れなかった。

隊長は最近読んでる小説を読み始めた。

物語に没頭し、いつしか奴のことは頭から離れていた。


そして15分後、電車は駅のホームに滑り込んだ。

また、隊長の脳裏に奴の不安が走った。

奴の勤め先は知っている。下車する駅も俺と同じ。

開かれた扉から乗客が一斉に流れ出た。

乗り継ぎの方向は奴と同じ、このままでは奴と再度遭遇してしまう。

そう思った隊長はホームを一目散に走り出した。

奴より前に出ればもう話しかけられない。

隊長は必死だった。

乗客の流れの一番先頭に立った隊長、階段を一段飛ばしで駆け上がる。










「これで奴に遭遇することはない」













そう安堵して足を遅めて歩き出した瞬間、隊長の真横を肩が触れるか触れないかの間隔で無言で奴は駆け抜けていった。

「肩が触れるか触れないかの間隔。。。。」

「一度ならず二度までも。。。。」

一段と背中に寒いものを感じた瞬間だった。

走りすぎる奴の背中を見ながらなぜか大きな恐怖感を覚えた瞬間の出来事だった。




(いや、続くかもしれない。。。。。。。( ;- ""-))



奴と隊長のこれまでの記録はこちら。

悩み事

出会ってしまった

ふーん。そうなんや

そう、奴とはM君だったのです( - ""-)

|

« 「もし横須賀基地が怪獣に襲われたら自衛隊は銃を撃ちますか?」 | トップページ | 同志達よ目覚めよ!! »

日常」カテゴリの記事

コメント

きゃ~~~~~怖い!
今までそっけなくされてきて~~~
ついに!反撃に出たか?

投稿: hisami | 2009年5月31日 (日) 14時41分

うぷぷ…いよいよ出ましたね、peace_macさんの点滴、いや天敵(笑)。(^^)
そういえば、件の氏は「結婚する」とか言ってませんでしたっけ? 果たしてそれも妄想で終わったのか?(^^;
さぁて…これで噂の「ブラジャーおじさん」登場すればもはや無敵(爆)。peace_macさんの波乱の人生の第2幕が開く!(次号へ続く…なんちて)(^^;

投稿: Reina | 2009年5月31日 (日) 15時18分

やっぱり〜〜〜
で、Mくん
なんで、無言だったんでしょうね(笑)

投稿: miyuki | 2009年5月31日 (日) 21時21分

こ、これホラーですか?
怖い~(^^;)

投稿: ありしあ | 2009年6月 1日 (月) 17時25分

ゴキブリのことかと思ったけどM君でしたか。
今度M君にあわせてください。
どんな人か見てみたいです。

投稿: うめぼう | 2009年6月 2日 (火) 20時51分

き、、きたw


くる〜〜〜きっとくる〜〜


ひえw

投稿: アキオ | 2009年6月 3日 (水) 04時20分

>hisami姐
恐いってレベルじゃなくて身の危険を感じとります(涙)

>Reinaさん
なんだかね、子供は生まれたと聞いた。
でも狭い町内やつが夫婦で歩いてる姿を見たことはない。
あーーくわばらくわばら(--;)

で、ブラジャーのおじさん。。。。
あほーーーーーーー恐いわ(--;)

>miyuki隊員
無言なのが恐いのよ。
で、もっと恐いのは身近に接近してきて無言なのが。。
こわ


>ありしあさん
こらーーー笑うな~(^_^;)

>うめぼう
ゴキブリの方がまだ可愛い。
M君、あげるから持って帰って~

>あきおさん

まじ、背筋が。。。
思い出すのも嫌。。。


投稿: Peace_mac | 2009年6月 3日 (水) 14時43分

彼がジムやめたからもうこの方の話(読者としてはチト残念だけど)出てこないと思っていたよ・・・
こわすぎてなんか気の利いたコメント浮かばないッス!

投稿: ojou | 2009年6月 4日 (木) 15時18分

ふつーに怖いんですけど(笑

投稿: こーじ | 2009年6月 5日 (金) 20時13分

>ojouさん
あっ、おひさしぶりでーす(^^ゞ

今日はまた土曜日、不安だったけど会わなかった(^_^;)
でも恐いのでホームの真ん中歩いてました。

って、普通に恐いよね~

>こーじくん

俺が一番恐い(ーー;)

投稿: Peace_mac | 2009年6月 6日 (土) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身も凍る土曜日の恐怖「奴は俺を見ている。」:

« 「もし横須賀基地が怪獣に襲われたら自衛隊は銃を撃ちますか?」 | トップページ | 同志達よ目覚めよ!! »