« 穴 | トップページ | 燻し屋レポートVOL8 »

2008年11月25日 (火)

トラウマ

穴以来、更新をさぼってました(^^;;

自分のブログを覗いてみていつまでも破れたズボンの穴をトップに見せるのもな~なんて。。。ネタ的には笑えたと思うんだけど。。。(^^;;

因みにズボンの穴はいまだ開いたまま。。。夜なべしないとね(笑)

さて、結構早かったんだけど先週の土曜日は職場の忘年会でした。

去年の年末は事情があって一気に看護師さんが辞めたりして忘年会どころではなく今年が僕が入職して以来初めての病院主催の忘年会で幹事とまではいかないんだけど下準備のお手伝いやらを担当していました。

どこもそうなんだけど病院の忘年会と言えば女子率が断然に多い状態が普通で当院も参加者28名中、男性がたったの6人、そのうち3人は院長、事務長、事務次長で平社員の男性人は3人という状況ですから大変でした(^^;;

よく、こんな話をすると看護師さんがそんなに沢山居て飲めるなんてし幸せやん!!みたいなことを言われるのですが、いやほんと看護師さんは並みのパワーじゃございません、基本的には普段夜勤もしてるので夜に強い、少々のお酒では普通に大騒ぎしています。

まあ、僕もそんな席では大騒ぎするタイプなので問題が無いといえば無いのですが。。(笑)

でもね、今回の忘年会、気ばっかり使ってしまってゆっくり飲めなかった。

別に、大きな問題があったとか、場の雰囲気に馴染めなかったってことはないのですが、これがトラウマなのか?って思うような精神状態をはじめて体験しました。

今の職場では、それなりに院長にも事務長にも可愛がられていて他の職員とも旨くいっているので本来なら幹事というほどの幹事でもないし、ゆっくり座ってその場を楽しんでいれば良いい、勿論それが出来る状況下だったのも事実です。

でも、正直、会の始まる1時間ほど前、そして会の最中から終わるまで、なんだか変な気持ちの重圧に負けていました。

その変な重圧、

「動き回って気を使わないと後で何を言われるかわからない」

という気持ちの焦りから来る重圧なんです。

ただ、この重圧が今の職場が原因とか職場の人間関係が原因とかでないのは先に書きました。正直誰にも問題はありませんし後で何かを言われるなんてのもありません。そのことは先に言っておきます。

そして、この変な重圧は過去の出来事のトラウマだと会が始まった瞬間に認識し実感しました。

そのトラウマは前の職場に遡ります。

当時何度か記事にもした8年勤めた以前の職場のこと、職場のボスとうまがあわず最後は結局リストラという結末になった以前の職場、そして思い出されるのが毎年行われていた忘年会での出来事。。

当時の職場の職員の規模は今の1/3ほど、忘年会やクリニックの行事の時だけ薬屋さん等の出入り業者が参加していました。

そして、場を盛り上げようと頑張った忘年会、でもいくら頑張っても会が終わった翌日や、ボスと話をする機会がある度に言われ続けた非難の罵声(ーー;)

別にね、僕が何かをしくじったとかは無いんです、ボス以外の職員からはマック君が盛り上げてくれたねって労を労ってくれたのも事実、でもボスはそうではなかたのです。

「お前の気の使い方が足りない」

「座って飲んでるだけが忘年会じゃないんや、もっと気を使え」

「お前はいつもそうや、初めはいいんだけど後は全くだめ」

職場の忘年会って普通は社員を労う慰労の会、まあ、大きな大企業で、上下関係の派閥があったりして、慰労会じゃなくて反対に苦労の会、なところもあるかもしれないけど職員数が10人以下のクリニックにそんなことは無いのが普通、でも会がある度にそんなことを言われ続けていた8年間、くだらない酷い話では

「食事に業者より先に手をつけた」とか「鍋の中の具を入れる順番が間違った」とか、まー普通に考えても信じられない子供みたいないちゃもんを付けられていました(ーー;)

結局ね、当時、そんな悩みを打ち明けた事務長や他の同僚に言われたことは「ボスも仕切るのが大好き、でも、ボスが仕切るより前にマック君が他の皆の注目を集めるからボスはそれが気に入らないんだよ」でした(ーー;)

忘年会以外でも僕のすることなすこと気に入らないボス、他にも目に余る罵声を経験しました。

勿論、僕は雇われる身、そんな理不尽な罵声に文句を言えるわけもなく我慢する日々でした。そりゃ何度か爆発しそうになりましたよ、爆発してそんな職場きれいさっぱり捨ててしまおうってね、でも当時副業に失敗して多大な借金を抱えていた身、爆発=退職、退職=収入源がなくなる。。返済できなくなる。なので必死で我慢していました。

そんなことを毎度となく経験していたものだから当時は何かの会がある度にその場その場の自分の行動を確かめながら動いていました。いつしか会がユウツと苦痛のなにものでもなくなっていました。行きたくないけど行かなければいけない。。。。(ーー;)

で、最後はとうとう爆発しましたよ、結果リストラ。。。

で、話を戻します。

今回の忘年会、始まった瞬間、どっとそんな思いが押し寄せてきて、一向に落ち着かない。落ち着かないどころかある程度お酒が入るまで動悸が止まらない、変な汗はかいてくる。。。。気が付いたら動き回ってる。

皆、普通に楽しくやってるのに僕自身は必死で表向きを平常心を装って飲んでる。

変な話、そこに居るはずがない以前の職場のボスが居るような気配がしてきたり。

もう尋常な状況ではありませんでした(ーー;)

そんな感覚が2次会へつ続き、3次会のラーメン屋でやっと落ち着いた感じでした。

その後は電車がなくなったので初めて病院のレントゲン室で一夜を明かし、翌日からの2連休、あの時の自分の行動は正しかったのか?発言は正しかったのか?とか旨く忘年会が出来たのか?とか。。。。考えなくても良いことが脳裏を過ぎり、忘年会翌日は一日家で爆睡、祝日の月曜も出かける気になれず家で居てました。

そして、今日出勤、みんなの顔を見て、やっと平常に戻った気分になれました。

なんか、変なことを書きましたが、これがトラウマって言うのでしょうか。

もしこれがトラウマなら会がある度、毎回こんな状況が起こるのか。。。。

変ですよね(ーー;)







穴を埋める話がもっと深く穴を掘ってしまいましたね。

すまない( ̄Д ̄;;












|

« 穴 | トップページ | 燻し屋レポートVOL8 »

日常」カテゴリの記事

コメント

毎度!
まさしくトラウマやね・・。
今の職場がよさそうなので、きっと時間が
解決してくれると思うよ。
何事もポジティブに!

でも、借金があったとしてもよく我慢してたね。
きっと、トラウマ乗り越えたら、この我慢が生かされるときが来ますよ!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年11月25日 (火) 17時31分

私、あんまり人と深く共感できるお話ってあまり多くないんですが…このpeace_macさんの気持ち、すごーくよく分かります。

正直、このときpeace_macさんが感じていたものがトラウマかどうか、私には判断できないんですけど…。
ただ、そこにあるはずのないもの。あるいはありえないもののプレッシャーで自分が打ちのめされそうになると言う気分。
端から見たら「んなもん、感じすぎなだけ」とか「神経質になりすぎ」とか言われてそれで終わりなんでしょうけど。特に「いるはずのない前の職場のボスがいるような気がする」という件。本当にその通りなんですよね。頭では分かっていても気持ちがついていかない。自分ひとりがどんどんおかしくなっていくと言う認識。これはね、怖いですよ。

とはいえ、今年の忘年会を境にして、そのトラウマからも脱出できたのではないですか? 私にはそう思えるし、そうであってほしいと思ってます。(^^)
亡霊はあくまで亡霊。生者に悪さが出来るわけではないと、ここは開き直りましょう。(^^)
人同士、みんないろいろ引き摺っているものはありますが(笑)、マイペースでいきましょう。(^^)/

投稿: Reina | 2008年11月25日 (火) 20時08分

おらも学生時代の最後の数年、おんなじような経験しただよ。
あれはもう指導という名のいじめとしか思えんです。
大勢の前で笑いものにされたときは誰もいない教室で
怒りのあまり号泣したですよ。

あることないことで叱責され続けたもんだから、
うめぼう!って怒鳴られるとパブロフの犬みたいに、
とたんに頭の中が支離滅裂になって訳わからんこと言って、
その態度がまた先生の気に食わないから怒られて、っていう
悪循環で、間違いなく人生の中でもっとも惨めな数年間でした。

んで、まあ、かいちょーはかいちょーです。
たぶんほとんどの場では宴を企画して鳥の丸焼き作って
拍手喝采浴びてる人なんですよ。
マックさん、やるなあ、とか。
ところかまわず腕立て伏せするなあ、とか。
それが大多数の人の感想ですので、自信を持ってください。

投稿: うめぼう | 2008年11月25日 (火) 22時33分

まあオフ会でも完璧なホスト役だった隊長やから、なんとなくわからなくもないけど・・・(;・∀・)
そんだけ自己分析できてりゃ大丈夫すよ
気にせんとまた呑も~

投稿: MOTO | 2008年11月25日 (火) 23時36分

大変な忘年会お疲れ様でした〜
きっと、これでトラウマ克服!?
になればいいのですが...

職場の飲み会って難しいですよね
わたしも以前のクラブの忘年会で失言をかまし、2ヶ月上司から口聞いてもらえませんでした
意を決して謝り、何が気に障ったのか聞いたところ、、、
わたしが予想していたこととはまったく違うことに、ご立腹だったようで〜〜〜
それ以来、職場の忘年会にはなるべく参加しないようにしています
気のおけない仲間と呑むのが一番ですね

投稿: miyuki | 2008年11月25日 (火) 23時43分

■皆さん、励ましのお言葉、エール、ありがとうございます。
ほんとこんな事初めてだったので自分でも驚いています。
パニック症候群とまではいかなまでもかなり動揺しました。

酒恋倭人さん
ほんと、そう言う風に行きたいものですね(^^;;
以前の職場は今思い出しても気分が悪くなりますよ。
退職してから一度も顔を出してないのがその証拠。
他の同僚は凄く良い人ばかりでした。まだあのアホな
ボスに尽くしてるのかな~

Reinaさん
まさか自分がそんな感じになるなんて思ってもいませんでした。
話は変わるけどあの離婚のお話で恋愛に臆病になったことをトラウマだと思ってたけど、全然違うというのが解りました。動悸、冷や汗、初体験でした。トラウマからの脱出、そうであれば良いのですが。。。(^。^;)

うめぼう君
パブロフの犬、あるある、その感じ。
もう条件反射ですね。

宴はいつも楽しんでますね。
あの時の気の使い方はあとで達成感に繋がるいい緊張ですから(^^;;

MOTO隊員
同じ気を使うのでもオフ会のときみたいな気の使い方は上にも書いたけど達成感ですね。
自己分析はいつも出来るんですよ、でもそんな状況になったことは驚きです。

土日、CODでテンション上がってたでしょ?
あれは凹んだ反動だったかもです(^。^;)

miyuki隊員
そうそう、相手が上司ではないですが飲んだ席での失言、僕も経験あります。そう言うことがあると次から自分はやめとこうなんて気分になるでしょうね。ほんと気心が知れた仲間と飲むのが一番ですね(^^;;

投稿: peace_mac | 2008年11月26日 (水) 10時03分

うぅ~~ん このトラウマは
時間が解決してくれるのかなぁ~
確かにオフ会の時も
凄い気遣いだったなぁ~~~

投稿: hisami | 2008年11月26日 (水) 10時11分

>hisami姐
自分でもそれ解らないです(^^;;
オフ会の時は楽しかったし二人が喜んでるのを見て楽しんでたからあれでよしなんですよ(^^

投稿: Peace_mac | 2008年11月26日 (水) 17時56分

半分以上は読んだよ。アヘ~読み疲れた~
ま、立場上、仕方ないかもね~ 意があるなら爆発してもいいけど、後々の生活考えると・・・・辛いよね^

僕も、それで仕事が減りましたけど、ま、自営なのでそのてん気楽。気兼ねも無く幸せだな。
衝突が改革に繋がればやりがい・・あんだけどね。
穴が開いたついでにやってみなよ。 ホワイトホール  (笑)

投稿: 光 | 2008年11月26日 (水) 20時45分

なんと言っていいやらf^_^;

たまにはお客様扱いで、
親睦会やってみてはo(^-^)o

サービス精神は押さえきれないかも、ですが。
毎回気張ってもアレなんで、
気楽に楽しめる場があると良いですね。
しかし、もと上司のソイツ、
たいがいやなあ~

投稿: あきお | 2008年11月27日 (木) 00時19分

>光さん
お疲れ様でした(^^;;
ほんとね、一時の感情爆発、その後後悔。。。
今まで何度となく経験してきたからね。
少しは大人になってたのかも。

麻生さんが言ってたでしょ、医者がどうこうと。
あの人の発言に同調しないけど、あれね、そんな
人間味の無い医者は山ほど居ますよ(^^;;

>あきおさん
ほんと気心知れた友人と飲んでるのが一番楽ですね。
元上司、まったくもってアホボンです。

投稿: peace_mac | 2008年11月29日 (土) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラウマ:

« 穴 | トップページ | 燻し屋レポートVOL8 »