« オチのない話ですから~ | トップページ | 黄色いハイビスカス »

2008年9月 5日 (金)

オオカミがきたぞーー

せっかく退院してもすぐに戻ってくる患者さんがいる。
老人が多い病院は特にそうなんですよね。うちの病院なんて昔は病院であって今はベット数19床の有庄診療所の分類になるんだけどやってることは病院と同じ、ただベット数が少ないということだけなんです。

なので、19庄しかないベットなんて直ぐに埋まってしまう。

特に夏からこの時期は老人が体調を壊して入院という状況になる。

基本は入院期間3ヶ月まで、それ以上長期に渡って入院させたらいけないわけじゃないんだけど入院期間3ヶ月を超えると一気に保険点数がダウン、初めの3ヶ月より病院の収入が減ってしまう。人の命に収入ってのもおかしい話なんだけど病院も企業、収入が減ると病院経営が行き詰ってくるのも事実、とは言っても点滴や薬を使って安静にさせないと命が危ないような患者さんを保険が下がるからって3ヶ月で放り出すなんてのは無いんだけどね。

但し、そういう病院が皆無ではないのが怖いところですが。。。

出だしの話に戻るんだけど、退院をさせても直ぐに舞い戻ってくる患者さんはほとんど慢性疾患、もしくは精神的な問題、そして家族の問題が多々あります。

入院させるときだけ必死になって医者に訴えかけ、あたかも自分はこの親を大事にしてるんだ!!を主張して入院が決まったとたんほとんど顔を出さない家族(ーー;)

こういうのがこの業界で仕事していて一番腹の立つことのひとつでもあります。

こういう家族は患者さんの(自分の親の)退院の許可が出てもあれこれ理由をつけて迎えに来るのを拒む、4~5回、電話してやっとこさしかたなしに向かいに来る。

そんな子供を持つ親だから、推測だけどたぶん退院して親が家に帰っても身の回りの体裁的なことはするがほとんどほったらかし、特に老人はそのような状況になると直ぐに体調が悪化するんですよね、原因不明の発熱、腹痛、体調不良、ほとんどが病院に入院したとたん治ってしまいます。

で、しばらく、迎えに来ないという放置状態、ほんと親を何だと思ってるんだ!!

って、気持ちになります。

あと、もっと困ったちゃんなのは、入院したい症候群の患者さん。

独り暮らしで、家に帰ると寂しいい、だから病院に入院したい。あれこれ理由をつけて入院を願う。入院していれば3食は困らない、付きっ切りじゃないけど看護師さんやその他のスタッフ、お友達になった同じような境遇の患者さん、みんな居るから安心なんでしょうね。

ただね、ただでさえ19庄しかない病院で、そのベットがどうしても必要な患者さんがいるのにある意味病気でも何でもないそんな入院したい症候群の患者さんをいつまでも入院させておくわけにはいかず、どうせ直ぐに舞い戻ってくることを前提に退院してもらうことも多々。ほんと問題です(^。^;)

でね、これは困ったちゃんのお話、あえて可愛く、「困ったちゃん」と表現するのは事情がよくわかるから、次は「厄介な患者さん」。これがまたあの手この手最悪なんです。

うちにも3人~4人、いるんですが、その中である30歳、無職の男性のお話。

事の発端は喘息、もう半年ぐらいの前に遡ります。

軽い喘息発作が出て、来院、ひとまず入院という運びになりました。

初めは、医者も看護師もスタッフも普通の患者さんとして扱っていました。

大人しそうなその患者さん、仮にNさんとしましょう。

入院してからのNさんは、やりたい放題。ベットの周りは家から持ち込んだ私物だらけ。
体格が良いので腰痛か発症、カロリーコントロールしようと食事制限するんだけど、問題な人がもう1人、Nさんの母親、若い頃に生んだのかまだ50代前半、その母親がせっせと食べ物を運びます。主食は勿論、ケーキ、おかし、etc、体重を落とさないとますます腰痛が悪化するので「持ち込み一切禁止!!」としても、その場では「わかりました」と返事しながらひもじそうな子供が可愛いのか隠れて餌を与えます。

おかげでぶくぶく太る一方、もう100キロは超えています(ーー;)

狭い駐車場に車は置きっぱなし、たまに外泊で家に帰ると必ず体調壊して帰ってきます。
原因は食べすぎ、で、直ぐに注射を願います(ーー;)


3ヶ月ほど入院して、(健康体なのに3ヶ月も)退院、30代の働き盛りなのに一切働こうとしません。そんな毎日を送ってるもんだから誰も相手にしなくなります。

で、退院後も毎日、朝から来院、本来なら1階の処置室の点滴用椅子で患者さんは点滴するんだけど、Nさんは勝手に2階に上がります。2階には大腸ファイバーなどの検査を受けるための患者さん用にベットがあります。(大腸検査は1日がかりですからね)それ以外でも来院して重症の患者さんが休めるようにしています。

そこに勝手に上がりこんでそこでの点滴を望みます。
望みを拒むと泣きそうな顔になって「お腹痛い」とか言い出して動こうとしません。

仕方が無いのでそこで点滴、で、帰り際には必ず受付で「部屋開いてませんか?入院したいです」を繰り返します。ほんとここはホテルじゃない!!ちゅーねん(ーー;)

勿論、何度も拒否し続けました。
入院が必要な疾患があれば入院も必要だけど内科的には健康体のNさんに入院は必要ありませんからね。

入院の判断は勿論医者がします。
院長に言い続けても無理だと思ったNさんは院長以外のバイトの医者の診察のときに来院して入院を悲願します。勿論腹痛を理由に。。。。

で、色々検査して、異常がないので入院できません。

そしてまた、翌日から上記(2階で点滴、受付で悲願)の繰り返しです。


さて、その後Nさんはどうしたと思います?

因みに今は、退院後2度目の仮入院中です。












救急車という手段を使ったんですね、彼は(ーー;)

何度悲願しても入院が出来ない。自分で悲願して無理なら119番で救急搬送されれば無理やりでも入院できる。Nさんの最低最悪の最後の手段でした(ーー;)

退院後、初の救急搬送の時は救急隊から連絡を聞いた時、心の中で「最後の手段に出あがった(ーー;)」と思ったのですが、人の体のこと、少しは心配しました。

救急隊に運ばれて来るNさん、お腹押さえて苦しそうです。

とりあえず、レントゲン室、撮影台に移すとき「動けますか?」と聞くと、お腹を押さえて苦しそうに蚊の鳴くような声で「無理です」と言いました。

仕方ないので100キロを超える巨体を救急隊員と持ち上げて撮影台に移しました。
で、お腹のレントゲン、結果異常なしです。でもそれだけで判断出来ないので今度はお腹のCT、救急隊が帰った後なのでスタッフと抱えてCT室に移しました。

結果、異常なしです。
極度なメタボリックはあるもののそんなの自分が悪い、勿論痛みの原因になりません。

でも、救急搬送だから体裁で直ぐに帰らせるわけにもいかず2階のベットで仮入院になりました。

それでも重症のように苦しそうな顔をしています。

仮入院が決まって、こっそり部屋を覗きに行きました。

普通の穏やかな表情です。

寝ながら携帯で誰かに電話しています。オーーーイッッ!!☆ヾ(`Д´*)

で、「Nさん」と声をかけるとたちまち表情は苦しい顔に戻りました(ーー;)





彼の入院後はこうです、

ナ~スコールを頻繁に押し続けます(ーー;)

「お腹痛いから注射してほしい」

初めは、痛み止めの注射をしていました。

打つとしばらくして「痛みが治まりました」と穏やかな顔つきになりました。

で、また携帯で誰かに電話、勿論掛かってくる事も多々、周りの検査待ちの患者さんなんてお構いなしです。ぼそぼそと話しています( ̄Д ̄;;

で、また、ナースコール、「お腹痛いから注射してほしい」

そんなに何度も注射できないですよって言うと泣きそうな顔になりお腹を押さえて苦しそうな顔をします。

仕方なしに、注射、打つとしばらくして「痛みが治まりました」と穏やかな顔つきになりました。







でもね、2度目以降の注射は痛み止めでも何でもありません。

ただの生理食塩水+ビタミンなんです(^。^;)

結局、精神的な面で本当に痛いのか(痛いように思うのか?)痛くも無いのに入院したいが為に芝居をしているのか?じゃーなんの為の入院志願?働きたくないのか?

それは、Nさんでないとわからないのですが。。。。

そんなことが四六時中繰り替えされました(ーー;)

で、本入院ならず。。。説得されて泣きそうな顔つきでしぶしぶ帰宅。

しばらく外来で通院です。

で、数日後、「今から救急車で行っていいですか?」と電話があり。

何度も「入院は出来ません、部屋がありません」と言うも1時間おきに電話してきました。

そして救急搬送、それまでに入院にならず夜中に何度も救急搬送で来ているので、救急隊員も緊迫感がありません。「またか、こいつ」なんでしょうね。

今も仮入院してますよ。
で、同じようにビタミン剤の注射で痛みが止まるみたいで。。。

こないだ、Nさんが仮入院してる2階の部屋に重症が運び込まれました。
本入院の準備の為に居一時2階に、部屋でレントゲンを撮るということになってポータブルを運びました。部屋は検査待ちの人で埋まってます。勿論Nさんもいます。

「すいませんレントゲンを撮りますので動ける方は少しだけ外に出てください」

と皆さんに言うと検査待ちの方々は外に出てくれました。でもNさんは動こうとしません。
Nさんの仮入院直後でした、痛くて動けないと訴えて救急できたNさんでした。
しかたないのでそのまま撮影する前に一言だけNさんに言いました。

「Nさんも動けるんだったら出てね」

しばらく、じっと私の姿を見て。。。。。。。

でも動きません。で、撮影の最終段階、に補助についていてくれた助手さんに、

「外に出て、被爆したらあかんから」と言って外に出しました。

すると、Nさんは一瞬考えた顔つきをして、のそのそと部屋を歩いて出て行きました。

やっぱ、歩けるやん( ̄Д ̄;;











受付に相談があったんです、今は国民健康保険だけど生活保護に変えたいって。。。

私たちの血税が。。。。。。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

|

« オチのない話ですから~ | トップページ | 黄色いハイビスカス »

医療人として」カテゴリの記事

コメント

ん〜・・・前に仕事で医療福祉施設の設計の部署にいましたが、
どうしても覚えられなかった保険の点数・・・。
急性期病棟、亜急性期病棟、回復期病棟、療養病棟、緩和ケア病棟・・・
療養病棟はやはり儲からないので、
別に老健施設を建てて、そちらへ移すような流れになっていましたが、
若年の慢性的な患者さんは行く場がないんですよね。
(詐病の患者さんは論外ですが)
ぜ〜んぶ1か所でアットホームな医療ができたら理想的なでしょうけど、
いかんせん治療の内容が違いすぎますからね。
きちんと分けて、経営側も利用する側も理解するようにしなければいけませんね。
うちの母のように、何でもかんでも大病院へ行こうとする人が多いのも困りますしね。

投稿: でにす | 2008年9月 5日 (金) 13時40分

家族の方がどなたも面会にいらっしゃらない患者さん、父が入院していた病院にもいましたね。
私は毎朝父の汚れ物を取ってきたり、代わりのパジャマやタオルを置いてくるんですが、すぐ隣のベッドに寝ていたおじいさんがそうでした。
聞けばかなり長い間入院しているらしいんですが、身の周りのものは変わらないし、お見舞いの品が置かれているわけでもない。午後、母が父の見舞いに行ったときに話を聞いても誰が来たわけでもないといいます。
家族が冷たいというよりも、多分、そのおじいさんの面倒を誰も見たがらないんでしょうね。そのおじいさん、例え自宅に帰っても、人というより物のような扱い方をされるんじゃないかと思うと、可愛そうでした。

それに対して、そのNさん、ですか?…本当に困ったもんですね。(- -#
自分ひとりの自己満足のために、本当に治療を必要としている人が治療されないかもしれないということに、Nさんは気が付いていないんでしょうね。
お母さんも、そんな息子には怒らないと! 餌付けしてる場合じゃないって! ブロイラーやフォアグラ用のガチョウじゃないんだから(怒)。(- -#
病院の中では携帯電話禁止! 病院が出す食事以外は食べたらダメ!(検査だってあるかも知れないし…多分ないだろうけど…)(怒)。(- -#
このまま体重増え続けたら、本気で病院歩いて出られなくなるから、今のうちにちゃんと独り立ちしなさい! いつまでもお母さんが元気でいらっしゃるわけがないんだから! ああもう! 言いたいこと、山ほどあるぞ!(怒)(- -#

投稿: kyao | 2008年9月 5日 (金) 16時03分

kyaoさんの言いたいことよくわかる。多分自分と同じ事考えてるよ
もうね....いや、ここでは書けないけど自分に言わせたらもう...(笑)
まぁその場に居合わせてる隊長が一番腹立ててるんだろうけど。ブログではおさえて書いているんだろうと思います。
医療の場の改革が必要なんだろね。
自分が一番心配してるのは小児科医、産婦人科医の不足のことなんだけどなぁ

投稿: MOTO@物欲タイガーマスク | 2008年9月 5日 (金) 23時54分

あぁ~~~~ヤダ!ヤダ!
こんな奴大嫌い!
ムカつく!

本当に病気になっちゃえばいいんだ!
しかも重症で二度と動けない!
食べ物も食べれない位の
重病になればいいんだ!
んで、一生動く事も出来ずに
ベットに寝たきりになればいいんだ!

投稿: hisami | 2008年9月 6日 (土) 11時06分

>でにすさん
アットホームな医療、憧れますね。
でも実際のところ不可能が現実、しいて言えばアットホーム
まではいかないけど民間の小さなうちみたいな病院が地域密着型
結構ゆうずが効くんですけどね。でも、一般的に患者さんは我が
ままですよ。あっ、これは病院側から視点だけどね。自分も病気
になれば、どうなることか、自信ないです。勿論仮病は使いませ
んが(^^;;

大病院ね~
患者さんが多すぎてね、待ち3時間、診察1分、これで診断が出
来てるのが不思議(^。^;)

>kyaoさん
頑固な老人に多いですね。
歳をとって気弱になったときに周りにに誰もいない。
で、入院が長くなると病院だけが居所になって、段々我がままに
なってきた日には、スタッフが相手しなくなる。
駄目だな~って解っていてもついつい顔に出ちゃうんですよね(^^;;

Nさん
もともと我がままに育てられてきたんでしょうね、因みに母親も父親
も普通じゃないんです。親が子に似たのか子が親に似たのか全く同じ
なんです(^。^;)
>MOTO@物欲タイガーマスク さん
小児科、産婦人科、なり手が少ないですね。
日本も欧米並みに訴訟が活発になってますからね。
あえて、意思表示の出来ない子供に関わることを望まないんでしょう。


投稿: peace_mac | 2008年9月 6日 (土) 11時18分

>hisamiさん
おっ、落ち着いて。。。(^^;;
この手の人は多分ずっとそのままですよ。
腹の立つ話だけど、いがいとしぶといです(^^;;

投稿: peace_mac | 2008年9月 6日 (土) 12時06分

うー、ほんとにぃぃ、、

つまんねぇやつって、いっぱいいるんですねぇ。

投稿: アキオ | 2008年9月 9日 (火) 05時31分

>アキオさん
ほんと、見てて可愛そうになりますね(^^;;

投稿: peace_mac | 2008年9月10日 (水) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオカミがきたぞーー:

« オチのない話ですから~ | トップページ | 黄色いハイビスカス »