« オフ会(宴)序章 | トップページ | 第三章 宴 (呑む) »

2008年9月17日 (水)

第二章 出会い(海遊館)

我が家の居間で転がる二人、布団?ありません。雑魚寝です(^◇^;)
帰ってきた記憶もあやふやな目覚めの朝の7時頃、のそのそと起き出しました。

あれだけ呑んだのに意外と二日酔いがありません。安堵しました。

ま〜シャワーでも浴びといで〜

と声を掛けようと思ったけど着替えはコインロッカーの中(__;)

どうしたものかと、思案の結果、車でミナミまで荷物を取りに行くことにしました。
高速使って往復45分、無事我が家に辿り着いて朝のシャワー、MOTO隊員は翌日になっても

べったりと臭ってるなぜか甘い香り


のTシャツを脱ぎ捨て

熱いシャワーを浴びました(笑)

まさかね、こんな甘い香りでhisamiさん会いに行くわけにはいかないからね、それこそ僕が全て暴露してMOTO隊員を陥れても良かったんだけど、やめときました(^◇^;)

男の友情

さて、シャワーも浴び、駅に向かう二人、足取りは軽いです(^^ゞ
なんてったって今日はオフ会本番、そして唯一の紅一点のhisamiさんに逢う日。

電車に揺られ、なぜか急に緊張してくるPeace_mac隊長(^_^;

MOTO隊員と出会うときには全くなかった緊張感が押し寄せてきます。

しかーし、この緊張感が数時間後には恐怖感に変わるなんてこの時は思ってもいませんでした。。。。。。。(実感)

海遊館の近くに着いて遅い朝食、マックバーガーを口にしながら道行く人を見つめています。

「チビで真っ黒なのを探せばそれが私です。」

前日にhisamiさんから送られてきたメールのその言葉が頭の中を過ぎってました。

茶髪系の派手な女子が目の前を通り過ぎていきます。

いきなり飛び出そうとするMOTO隊員(O.O;)(o。o;)

「まてーーーーーーっ、ここは店じゃない!!」

「隊長!!昨日の条件反射でつい。。。。。(__;)」

病名:突発性茶髪抱きつき症候群。

たった数時間の接触期間で潜伏期も無しに発病してしまってるMOTO隊員。

傷は思ったより深かった(-。-;) ボソッ

海遊館の前であ然とする二人、外は9月だというのに夏みたいな炎天下、そして海遊館の前に溢れる人・人・人、待ち時間60分(__;)

メールの着信「どちらにいますか?」

【キター━━(゜∀゜)━━!!】

「列の最後尾付近で柿色のTシャツを着てます」

そう返信して、しばらくすると「初めまして〜(^^ゞ」

hisamiさんとの初の顔合わせでした(^^ゞ

「ちっちゃくて真っ黒」\(TT。)失礼


それが第一印象(笑)

で、笑顔がとっても素敵なhisamiさん(←今は褒めておく)

想像してた通りの明るい喋り方(←まだ褒めておく)

人は見掛けに寄らぬもの。。。

この後、たった3時間ほどでhisamiさんと言う呼び名が

三代目飲酒組、hisami姐さん

と変わるなんて誰も知るよしもなかったということは先に伝えておこう。( ̄^ ̄)

わーい、このお魚可愛い〜

そうはしゃぐhisamiさんが実に可愛い。(←後で大きな間違いだと気づくのだが)

綺麗だね〜、あっ、ペンギンさんや〜

まだまだ可愛いhisamiさん(←まだ大丈夫)

ジンベイザメの水槽の前で立ちつくすhisamiさん。↓

ちょっと質問をしてみた。

「やっぱ潜ってる時にこんなの側に来たら怖いでしょ?」(←敬語である)↑

「あのね〜もう死んでも良いと思う」

hisamiさんはダイバーである。
お魚を追い求め、独りでも海外に潜りに行くほど海が好きなのである。

「この子はほんと海が好きなんだな〜」

目をキラキラさせながら水槽を眺めるhisamiさんの横顔を見ながら微笑ましく思う(←秒読み開始)

魚屋さんで売ってるようなお魚が泳いでる水槽の前にきた。
他のお魚に比べたら派手さがない。

また質問してみた。

「凄い大きいですね〜」

じっとhisamiさんを見つめる。









「うん、煮付けにしたら美味しいよ、
        塩焼きでも大丈夫、今の時期油乗ってるよ〜」



 

食うんかい(=^0^=)/おーい

この会話の後からだったか、めらめらの何かが音をたてて崩れて行ったと思う。

マンボウの水槽で優雅に泳ぐマンボウを見つめるhisamiさん↓

また質問してみた。↑

「優雅で可愛いですね(^^」








「食べれるで~(^^」


また食うんかいヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ


嘘です(^。^;)

さすがマンボウを食うとは言わない(^^;;
でも、食べそうな勢いは伝わってくるのは確かだ(^^;;


もう完璧に関西人である。
海遊館で気持ちが開放されたのか本性が出てきたのか(^。^;)

そして命の水。

いや、hisamiさんの言葉を借りて言えば「麦の汁」

外の炎天下の60分待ち、混雑した館内、当然喉が渇く。

館内の後半、マンボウのいる水槽付近に軽く飲食できる店がある。

まさか海遊館の中に麦の汁があるとは思えない。















普通にあった。(ーー;) 麦の汁450円(^/Oヽ^) オーーーイ!

3人で始めての飲酒、時間は2時である。

そして、この一杯だけの麦の汁が一杯になる序章だったとはまだ知らない。

つづく

それぞれのオフ会(^^ゞ

hisamiさんのブログ

MOTO隊員のブログ

|

« オフ会(宴)序章 | トップページ | 第三章 宴 (呑む) »

コメント

うん、自分も隊長も、hisamiさんに対して確かに最初は敬語でしゃべってた
それがいつの間にかなくなり、っていうか女扱いしなくなったのはどの段階だったんだろう(笑)

投稿: MOTO | 2008年9月17日 (水) 19時52分

>また食うんかい
わはは。しまった…不覚にも二度オチに笑ってしまった…ちっ、「kyaoを笑わすのは、荒川でシーラカンスを見つけるより難しい」とまで言われた私としたことが…。(--;

それにしても…最初のビールに辿り着くまでの短いこと(笑)。普通、そこへ辿り着くまでに、私なら喫茶店入ってカラオケ行ってテーマパーク行って、それからだぞ。(^^;
食事もなしでお酒オンリーでいけるというのもすごいけど。(^^;

投稿: kyao | 2008年9月17日 (水) 20時39分

マンボウだけは食べんといて〜。

投稿: でにす | 2008年9月17日 (水) 23時48分

>MOTO隊員
やろーーー敬語やったよな〜(^◇^;)
女扱いしなくなったのは。。。うーーん。
確かhisami姐自身が「おっさん」宣言したときだったとおもう。(笑)

>kyaoさん
あははは、やったーーーーーヽ(*^。^*)ノ
喫茶店?カラオケ?テーマパーク?
そういうものは選択肢に一切無かったとだけ伝えておきます( ̄^ ̄)

>でにすさん
大丈夫だよ〜食べないよ〜(^◇^;)
「マンボウだけは食べんといて〜。」って関西弁になってるしーー

なんか可愛い(;^^)テヘ..(笑)

投稿: Peace_mac | 2008年9月18日 (木) 00時24分

そう言えば~~~~
最初はお互い敬語やったよねぇ~~~
何処から????
あぁ~~~やっぱ海遊館のカフェのビール
あのいっぱいがぁ~~~失敗?(成功)☆
やったんかぁ~~~~・・・・

投稿: hisami | 2008年9月18日 (木) 09時44分

hisamiさんの隣で、緊張しているpeace_macさんとMOTOさんの様子を想像し、笑ってしまいました。(爆)

投稿: mana | 2008年9月18日 (木) 19時09分

>hisami姐
あはは、敬語だったよ(^^ゞ
あの一杯が成功に決まってます(笑)

>manaさん
いやーーほんと初めは緊張してましたよ。
初めだけね。1時間ほど(笑)

投稿: Peace_mac | 2008年9月19日 (金) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二章 出会い(海遊館):

« オフ会(宴)序章 | トップページ | 第三章 宴 (呑む) »