« ハイビスカス(その2) | トップページ | ハイビスカス(その3) »

2008年8月18日 (月)

あの気配

毎日暑い日が続いてるんだけど最近少しだけ朝晩が過ごしやすくなってます。

でも、まだまだ日中は猛暑(^^;;


あの感覚はまだないですね。。。。。


あの感覚


それは夕方頃になると少し涼しげな感じになる時。

時期で言えば8月後半かな?

暑い日差しの後、空が少し赤色に染まりだして虫の声と夏の匂いが漂う瞬間。




出るんですよね。あの方達が。。。。。




ただ最近、その手の感覚があまり感じられなくなりました。

昔はね、頻繁にあったんだけど不思議と最近はお目にかかることが少なくなりました。

何故なんだろうね?波長が合わなくなったのか、それとも私が鈍くなったのか?

ゾクッと背中をさするような感覚。遠目にぼんやりと背景に同化してるというか向こうがうっすらと透けて見えるというか。。。。。。

あの方達はね、夜限定じゃないんですよ。

そのお話はソネット時代から今まで何度か記事にしてきました。

ココログに移行してから、まだ全部移行しきれてないのですが、あの方達は朝昼晩、春夏秋冬、いつも私たちの身近に潜んでいるんです。

でも、それは誰もが見えない。でも誰もが知らず知らずの内に身近に感じている、ただそれをその方達の仕業だと気が付かないだけなんですよ。


その方達は、大半がなにも誰かを驚かそうとしてるわけではないんです。

自分の存在に気が付いて欲しい。

一生懸命話しかけてるのに何で誰も気が付いてくれないんだ。

そう思いながら必死で自分を見てほしいって叫んでいるんです。

先日、夕方頃、病棟詰め所で仕事をしてると、ふと右半身に違和感を感じました。

ゾクッとするあれです。

その瞬間、詰め所の入り口からスーって何かが入ってきて、あっ、て思った瞬間消えていきました。

この病院に来て2回目ぐらいの感覚でした。

この病院に来て早1年、その1年の間にも何人も見送ってきました。

以前記事にしたTさんも、もう居ません。

誰かがふと遊びに来たのかかな?

そう考えるとなんだか寂しいような嬉しいような気さえします。

お盆になるとその人達は家に帰って来ると言います。

って、言ってもお盆限定じゃないんですけどね。(^^;;


Rimg0084







空が少し赤色に染まりだして虫の声と夏の匂いが漂う瞬間。







そんな瞬間に遭遇したら五感を敏感に張り巡らせて、肌に感じる気配、周りに漂う匂い。

そんな五感を研ぎ澄ませてみてください。

今まで気づかなかった、気が付いていても気にしてなかった。

それに気が付いた時、

もしかしたら、逢いたい誰かが皆さんの身近に来てくれてるのかも知れないですよ(^^





そんな話はこの辺ににして、お墓参り、行ってきました。

車で空いていれば40分ぐらいのところにあるんだけど罰当たりな私は年に2回ほどしか行ってません(^^;;

盆と正月

駄目だな~って思いながらも「お墓参りは行かないと駄目だな~」って思った時点で供養してることにことになるんだよって誰かがテレビで言ってたことを良い風に鵜呑みにしています(^^;;

さて、そうは言ってもお盆ぐらいはと、この15日に昼前から行ってきました。

人間すら解けそうな暑い中、お墓に到着、もうね、雑草生えまくりでした(^。^;)

おまけにお墓の横の大木の葉っぱが落ちてお墓は枯葉だらけ、思わず絶句してしまったぐらい( ̄Д ̄;;

それと同時に、こりゃスロット、負けるはずや。。。。(笑)

スロットの勝敗に例える罰当たりな私、でもそう思っちゃいました(^。^;)


お墓って、人をやさしくさせるのかな?

全然赤の他人でも、お墓参りで出会うと「こんにちは~」とか「暑いですね、ご苦労さん」とかお年よりはもとより結構やんちゃそうなお兄さんも笑顔で挨拶を交わします。

自然に、「どこからですか?うちは市内からです」とか、まったくの他人同士が普通に会話が始まります。

なんか、気分いいですよね(^^

1時間ほどかけて、綺麗にしたお墓、最後に花を添えて、線香と蝋燭に灯りをともして。

親父がもおふくろも好きだったタバコを1本、「ごめん、メンソールしかないけど我慢してくれ」なんて独りでぶつくさ言いながら手を合わせました。

偶然だと思うんだけど、真夏の炎天下、「暑つ~」と呟いた瞬間、風が通り過ぎるんです。

ほんと、さっと汗が引くぐらいの風がね、不思議ですよね(^^

毎年、盆にお墓に行く度に思い出す事。

両親が健在だった頃、お墓参りの後の定番の食事、入ったファミレスで5人しか居ないはずなのにコップが6個出てきました。5人ですよって店員に行ったら首を傾げる店員、聞いてみると「ご老人の方はお連れ様ではないんですか?」って言われました。

母が無くなったその年、お墓参りについてきた2~3歳ぐらいだったかな、お墓参りの意味すらわからないはずの甥っ子が、墓掃除を終わって手を合わせて帰ろうとしたとき「さっ、お仏壇のある家に帰ろ」って、皆で顔を見合わせました(ーー;)

甥っ子と言えば、姉の家にいた、座敷わらし、姉がいつも自分の子供と間違えてたな~

私が京都に住んでいたときに交通事故寸前を助けてくれた亡き父と祖母。

そんなことを思い出します。

(↑なにげにさらりと怖い話ですね(^。^;))


えっ?その後罰当たりなスロットはどうなったかって?

お墓参りの帰り道、車のカーステを聞きながら、「ほんま墓参りのしたんだし勝たせてくれ」って独り言、「そんなアホな話は無いよな、でもお墓にお迎えに行ったんだからこの車に乗ってるんかいな?あっ、乗ってるよ~なんていきなり聞こえてきたら怖いよな~もし乗ってるんだったらステレオにノイズだして~」













ジジジジジジ。。。。





ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ乗っとる。。。。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

























|

« ハイビスカス(その2) | トップページ | ハイビスカス(その3) »

日常」カテゴリの記事

コメント

あ、先にこの手のお話、されてしまったか(笑)。(^^;

以前、あるところでお話を伺ったら、死んだ人の怖さは、ときどき「自分が死んだことに気が付いていない人」がいることなんだそうです。
特に自殺などされた方は、自分が死んでしまったことに気が付かない。だから人の身体を借りて何度も自殺しようとする。「自殺の名所」なんてものが出来上がってしまうのは、そういうことなんだそうです(何気に怖い話をしてますね、私)。(^^;

それはともかく。
お墓参りって、やっぱり「自分の気持ちの整理」なんだと私は思います。
特に1年ほど前、東京に戻ってきたとき、母に勧められて「何年も行ってないんだから、お墓参り、してきなさい」と言われて、親戚の人に連れて行っていただいたんですが、そのとき、ふとそう思いました。
無心で草むしりして、墓石を磨いて、タオルでせっせと拭いて、最後にお花を上げてお線香焚いて…終わった後、どこかホッとしました。(^^)
きれいになったお墓を見て、見通しが良くなったというか、捨てたゴミと一緒に自分の中に溜まっていた「ウロ」みたいなものもなくなったというか…そんな気がしました。(^^)

で、スロットのオチはどこへいったのかな?(笑)
もしかして大負けしたとか? 自分の子供を甘やかさないお父さんとお母さん、偉いっ!(爆)(^^)v

投稿: kyao | 2008年8月18日 (月) 20時16分

私の~お墓の~前に~ 立たなぁいでくださいぃ~~♪
なんて歌が流行りましたが、やっぱりニッポン人の夏はお墓参りでしょう!
って、私はヨメ方のほうしか行けませんでしたが・・・。
死んだ人が帰ってくる話は、楳図かずおのサンタクロースのおじいちゃんの話が脳裏から離れないので、とても怖いっす!

投稿: がま親分 | 2008年8月18日 (月) 22時27分

こんばんは。
↑難癖つける訳じゃないけど、
♪泣かないでください!では?(笑)

ところで、以前にも書いたかもしれませんが、
消防士の先輩に聞いた話。
どうしても火事場からお客様をお連れすることが多いらしく、
署内の仮眠室にはたくさん居着いていらっしゃるとか。
新人さんはまず洗礼を受けるらしいのですが、
ある日、「知り合いに霊媒師がいる」という署員が
一度見てもらおう、と提案。
霊媒師さんを呼んできたら、仮眠室の前で、
「とてもこんな所入れません!」と帰っちゃったそうで。
そこで毎晩寝泊まりしている署員さんの立場はいったい・・・(^^;

投稿: でにす | 2008年8月18日 (月) 23時30分

>kyaoさん
あははは、怖い話、お願いします(^^ゞ

いわゆる自縛霊ってのは仰るとおり、自分が死んだことに気が付かない。
で自殺者は、何度も自殺する。。。。そうだったんだ〜(^_^;
僕がよく見るのは寂しがり屋さんばっかです(笑)

お墓参り、確かにすっきりしますね。
なんだか安堵する自分がいます。僕の場合それとは別に家の売却に困ってた
時、お墓参りで話が進展しました。色んな意味で助けられてるな〜って思った
瞬間でした(^_^;

スロットのオチですか?
結論から言うと勝ちましたよ(笑)
大手が出来てかなりご無沙汰のお店に友達が行ってたのでお墓参りの翌日に
行きました。前から友達はよく行ってたんだけど頑なに行かなかった。
それがなんだか行ってしまって「これや」って思った台、勿論、前日の出玉
前々日の出玉、そんなのかな判断しました。1212番台、前日がBIG1 REG2
前々日もBIG1 REG2、1212番台で1212、なんかピンときて。。。。
1000円が49000円に化けました(笑)
霊の仕業か?僕の読みか?それはさだかではありませんが。。。(^◇^;)

>親分さん
まず始めに、でにすさんへ。
立たなぁいでくださいぃ~~♪は親分が知ってボケたんですよ!!
(・・)(。。)?たっ。多分ね。。。え〜もしかして違うの〜?(^◇^;)

楳図かずおのお話しって綺麗な者が怖い者に変わるよね。。(^_^;
でも、有り得そうで怖いです(^◇^;)

>でにすさん
怖いお話しですね(^_^;
僕もよく家に連れて帰りましたよ。誰も好きで連れて帰るんじゃな
いんですけどね(^◇^;)

霊の溜まるところはね。。。。。意外と身近にあるんですよ。。ww

投稿: Peace_mac | 2008年8月19日 (火) 00時30分

う~
怖いような切ないような。

あ、それから
危ないところにいった時の
誘われる感じ、ありますねー

投稿: アキオ | 2008年8月19日 (火) 03時36分

う~。
怖いような切ないような。

あ、でも
危ないところにいった時の
誘われる感じ、ありますねー

投稿: アキオ | 2008年8月19日 (火) 03時38分

> 立たなぁいでくださいぃ~~♪は親分が知ってボケたんですよ!!

あ、それはそれは、がま親分さま、失礼致しましたm(__)m
そーゆーの、わかんないんですよぉ・・・(;^_^A アセアセ…
すみませんm(__)m

怖い話は苦手。
そーゆー話してるとき、近くにいるっていうでしょ?
きゃ〜!

投稿: でにす | 2008年8月19日 (火) 12時37分

>アキオさん
危ないとこにはね、絶対行ったら駄目ですよ(ーー;)
連れて帰る率、高し(^^;;

>でにすさん
あははは、律儀な(笑)
ボケと書いたものの突っ込みどころが不明(笑)
まじ、間違ってたりして(^^;;

近くにいるよ。。。。
ほら、でにすさんの後ろ。。。。。きゃー

投稿: Peace_mac | 2008年8月19日 (火) 13時32分

あ!
うっかり、歌詞原文を言ってしまいました!
>Do not stand at my grave and weep,
>I am not there, I do not sleep.
なんちゃって。
ホンマは、私の息子さんがいつも立っているからです。
ウソです。
(爆)

投稿: がま親分 | 2008年8月19日 (火) 22時08分

うちのほうでは、秋の気配を感じ始めましたよ。
私は、幸か不幸か、あちらの感覚がにぶいようで、お目にかかることは今までありませんでした。
でも、存在は信じています。
お墓参りは、たしかに人をやさしくさせますね。
心が洗われる気がします。
といいつつ、不義理していますが。

投稿: noel | 2008年8月20日 (水) 03時18分

>親ビンさん
要するに。。今必死でオチを探してるっと(笑)

>noelさん
伊豆はまだまだ暑いイメージがありました。
秋の気配ですか〜 夏が過ぎるのは寂しいような気もしますが秋の夕暮れ、気持ちいいですよね(^^ゞ

霊感がない、本当ですか?
気がついてないだけかもですよ(^_^;


投稿: Peace_mac | 2008年8月21日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの気配:

« ハイビスカス(その2) | トップページ | ハイビスカス(その3) »