« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

おめでとう(^^ゞ

段々秋らしくなってきた大阪、昨日お昼に一本の電話が・・・・・

「およっす(お疲れ様の意味、体育会系^_^;)Peace_macさん、結婚決まりました」

だと、あちこち幸せがいっぱいですな~ほんとあやかりたいよ(~_~;)

で、電話の主は私がよく行く大阪ミナミのBARのマスター35歳。
とうとう年貢の納め時か(笑) しかし奴が結婚ね~ 大丈夫か(-_-;)

奴、(以後K君)との出会いは平成11年ごろだったか私が当時共同経営でレストランバーをしようと計画、準備をしてたときに私の共同経営者にK君が連れてこられたのが出会いでした。

この共同経営者、私が最後の最後に裁判まで起こしたおおばか野郎でK君も別件で良い様に言われて連れてこられた可愛そうな奴、平成12年に私の店がオープンして人手が足りない理由でK君は急遽従業員、しかしオープンしたての頃から私と共同経営者との間にトラブル発生!!その被害をもろに食らったのがK君でした。

K君の雇用形態は私の共同経営者が私の店に派遣という形をとっていたのでK君の給料面とか雇用条件とかは私の管轄外だったけどかなり酷い雇用条件、もう最悪でした。でも例え管轄外とは言え私の店の従業員、私に対して一切の文句も言わず仕事を助けてくれるK君にどれだけ感謝したことかわかりません。

寒い冬の夜、集客目的でやった駅前でのビラ配り、なかなか思うように受け取って貰えない私に「Peace_macさん、こうやるんです」とビラ配りのテクニックを伝授してくれた。
寒さに震えながらビラを配り終えた後、二人で寄った駅前の居酒屋、冷えた身体を温める為に熱燗で乾杯、あの頃はほんと辛かった(涙)

そんなK君とも私と共同経営者との完全決裂と共に私が店を去る事になりK君ともそれ以来一緒に仕事をすることもなかっんだけど本来別件で共同経営者に雇われていたK君、私が共同経営者とトラブった事と同じように問題炸裂、頭を抱えてるK君に私が出来る事は「奴に何を言われても絶対金は出すな!!とアドバイスするぐらいしか出来なかった。

それから数ヶ月過ぎ、失業者という大きな代償を背負ったものの金銭的な被害は免れ店を去って行ったと聞きました。

そして数年後、K君からの「ミナミでお店を出すことが決まりました」との連絡が入り事情を聞くと共同経営者に引き抜かれる前に働いていた某ショップのオーナーがそんなに店をやりたいならショップの主に会員対象のBARをやらないか?と声を掛けられたとの事でした。ショップの名前を書いちゃうと一発で解ってしまうぐらいの超有名なスポーツ系のショップ。そこを突然退職したK君にチャンスを与えてくれたオーナー、彼を谷底から救ってくれた。これもK君の今までの努力と人望のたまものでした。

こんな私に連絡してきてくれたことが嬉しくて早速お店に行きました。
雑居ビルの中の居抜き(家具も家屋も何も変えずに経営者だけが変わる物件)のお店、経営はショップのオーナーに支度金だけ立て替えてもらっての独立採算、当然支度金は返済しないといけない。K君は当時付きあってた彼女と二人だけのスタートを開始しました。

あれから数年、共に頑張った彼女はもう居ない。
そして幾つもの出会いと別れがK君に降りかかった。



そんな男前でもないのに。

(うん?なんか始めの感動的なヒストリーが変わってきたような・・・(~_~;))



まあ、いいか、続けよう。

これは今度結婚する彼女も知ってる(僕が言った(笑))ことなのだが彼が20代の頃私が良く行くBARで付けられたあだ名が「ろくでなし」。出○い系サイトに入りびたりまるで○○○を教えられたサルのように走り回ってた。その行動は関西のみならず世界を又に掛けロシアへ。確かに身長175センチのタ~ニャは美人だった。僕も羨ましかった。
国に帰ったタ~ニャに何度か航空チケットを送金してたな~。しかしなんであんなに頭が薄くなった毎日酔っ払いのK君はもてるのだろう?それが疑問だった。確かに話術は旨い。それは認める。しかしだ・・・・・・・・・

そんな素敵なK君、たまたまお店に来ていた彼女といつのまにか深い愛が芽生え出合って確か数ヶ月と言う短い期間で結婚と言うゴールにたどり着いた。

おめでとう!!ほんとうにおめでとう!!

これからは一家の電信柱として頑張って素敵な家庭を築いて行って欲しいと心からそう思います。

よし!!K君に捧げる感動のブログ記事が完成した。


あっ、これスピーチに使えるよな~。わ~いい。これで披露宴のスピーチは完璧だね(^^ゞ

でしょ?皆さん(^^ゞ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

哀愁の新幹線、減らない財布。

最近なんだか長文を二つ更新してるPeace_macくん。(^^ゞ
でも内容はかなり重いお話、そのお話の大半が職場でキーボードを叩いています。
再就職して5ヶ月が過ぎました。ほんと早いものです。仕事の方もやっとこさ慣れてきました。でも就職以来全力疾走で走りすぎてちょっと息切れしちゃって色んな物が見えてきて凹んでいましたが最近やっとこさ復活しました。で、いきなりの重い話題の二連発、ほんとごめんなさいね~(^_^;)

まあ、先の二連発のような話題も書くPeace_macくんなのですがお馬鹿な所も健在で先月の終わり頃、書きかけてそのままにしてあった話題、今頃になって書くのはちょい旬から外れてると思うんだけど書いちゃいました。また女性軍に「ギャップ・・・・・・・・・(-_-;)」とされそうな予感なのですが・・・・・(笑)

先月末頃に一本のメールが携帯に届きました。
送信相手はもうかれこれ20年代の付き合いでここ5年ほどは逢っていませんが一番最初に勤めた病院の看護師のHさんからでした。

「今日○○(お店の名前)に来ませんか?今から夜診の仕事なので、又連絡しますが綺麗な女性が何人か来ますよ」

突然のメールでした。

○○とはそのHさんの旦那さんが経営する居酒屋、その居酒屋にHさんが綺麗な女性を連れてくる。と言うことは綺麗な看護師さんが来ると言うことか?

マジ?それって紹介ってやつ?(^^ゞウフ
いやーーーそんな突然言われても心の準備が出来てないし・・・
そりゃまーーーそろそろ良い人でも見つけないといけないけどね・・・・

ピンポーン♪「ただ今(^^ゞ」
「おかえりーーーーーーーーー(はーと)」
そして家には質素ながらも愛情のこもった手料理が・・・・・・

「お風呂にする?ご飯にする?それともエヴァンゲリオンにする?」

なーーーんて、総員第一種戦闘配備!!出撃よ!!!

逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ・・・・・

「○△□$#б・・・・・・・・・・・・」

完全撃破!!(^^ゞむふふふふ

なーーんて妄想にふける僕

電話がかかって来ました。
「あっ、突然ごめんね、で、今日大丈夫?」
「はい!!もちろん(^^ゞ」
「実はね、正直に言うと、今日はコンパの企画だったのよ、そしたら男性郡を集めていた子の手違いで男性人がF1を見に行く予定でパーになったのよ。で、せっかく女性人を集めてるしPeace_mac君に来てもらって盛り上げてもらおうと思って・・・・」

えっ、(^_^;)ちゅーことは紹介ではない。単なる盛り上げ役・・・・・・・

「先輩誰か良い人紹介してくださいよ」

「じゃーー大阪にPeace_mac君という素敵な男性がいるから紹介するよ」

と言うパターンなら期待は持てる。しかし今回は単なる代打!!いや、代打と言えるだろうか?(^_^;)

今までの経験上、40歳を超えてからの多人数のコンパで良い思いをした験しがない。
結局いつも盛り上げ役で終わって若い男連中に根こそぎ持っていかれるのが常。

99%期待薄(~_~;)

しかし、「はい!!もちろん(^^ゞ」と答えてしまっていた私・・・・・

「じゃーー遠いところ御免やけど九時によろしく(^^ゞ」 電話切れる。

ここは大阪、仕事は5時まで、目的地は










京都

遠すぎるんでないかい・・・・・・・・・・(T_T)/~~~


まっ、いいか、Hさんにも旦那さんにも長い事逢ってないし、久しぶりに逢いたかったし。
99%期待薄でもそれだけで十分かと自分に言って聞かせて(~_~;)


仕事が終わって一旦特急の乗れる駅まで逆戻りして・・・

19時00分、京都、四條に到着。ちょっとした小旅行(笑)

でも翌日は土曜日とはいえ通常通り仕事(T_T)

絶対遅刻出来ないし・・・・

とりあえず財布の中身を確認すると6000円。

これじゃ足りないよね、やっぱ居酒屋で飲むとはいえ6000円じゃね~。
これが期待の持てるコンパなら何があるか分からない(何があるんだ?)6000円なんて金額じゃ一世一代の後悔に繋がる可能性大、(何の可能性だ?)
まっ、最近はどこでもATMがあるし24時間引き出せるし、酔ったら持ったら持っただけ使うし、まっ、だいたいコンパで旨く行くなんてありえない、知り合いの居酒屋なんだから1万もあればOKかな(^_^;)

銀行のATMの前に立つ私、キャッシュカードを放り込んで、暗証番号ピッピッピ、

ご利用金額を入力してください。

はいはい、50000円っと!!!

50000円(^^ゞ

財布の中には5万6千円!!!よし!!これでOK!!!!!


うん?50000円ですよ、何か問題が?


いやいや、確かに99%期待薄の今日の飲み会、今までの経験から打ち出される99%の数字、でも無意識に50000円と押してしまった私、これじゃーMOTOさんがキャバクラの女の子からのメールを営業目的と解っていながら無意識に「今から逢いに行くよ~(はーと)」と返信してるのと同じことではないかぁ。(-_-;)悲しい。。。。。

なんだかんだ言ったって無意識に何かを期待してる男の性(さが)頭では分かっていても指先まで伝わらない。昔から男は上半身と下半身は別物と言うが、医学的に見ても頭も指先も上半身、おーーーー俺は、上半身さえもコントロール出来なくなってしまったのかぁ~(-_-;)


男ってやつは・・・・・ふーーーー(-_-;)、大きなため息

四條大橋から眺める観光地京都、鴨川には等間隔で並ぶカップル、9月末にしては珍しい冷たい夜風がPeace_macの頬を撫でる。一気に目が冴える!!

総員!!いや、俺は一人だ、第一種戦闘配備!!

待ってろよ~女子!!!今から行くからな~!!!

時間は6時、約束の時間は9時。この勢いを3時間持続させる事が今の俺に出来るだろうか?頑張れPeace_mac!!

結局、スロット屋で時間潰し、「エヴァンゲリオン まごころを君に」

「私が死んでも変わりはいるもの」 


死んだ。惨敗(-_-;)

結局時間を持て余し早い目にお店に行く事にしました。

久しぶりの京都、四條木屋町、私が技師学校を卒業して3年間飲み歩いた街(笑)
なんだか金曜の夜だと言うのにあの頃より活気が無い、飲食店もこれだとしんどいだろうな~なんて思いながら店へと到着しました。

マスターと久々の挨拶をして待ち合わせまでの1時間、とりあえず生ビール(^^ゞ
話が弾みました。

「今日は突然うちのママちゃんが御免なさいね」とマスター

「いえいえ、久しぶりの京都だし楽しんで来てますよ。そうそう今日の飲み会って何がどうなったの?」と聞くと

「ママちゃんが仕事の若い同僚に彼氏を紹介するために開いたコンパが連絡の行き違いで男性軍がこれなくなったのよ、で、本当は中止にするべきなんだけどママちゃんが後輩を折角誘ってるのに今更中止に出来ないと言い出して、じゃーPeace_macさんにお願いしようと言う事になったんです。あっ、来る女性は二十歳の美人さんらしいよ」

えっ、二十歳?(・_・;)、30代じゃないの?(・_・;)

「あっ、Peace_macさん、今日は30代と言う事で通しましょう。うん、それがいい」

そんなこと言われても~24歳も年下って・・・・・・・

「僕はママちゃんのすることだから・・・し~らない」と苦笑いのマスター

大ピンチである。30代なら私もなんとか話を合わせられる。でも二十歳となれば話は別、
そんなの一人でも大変なのにコンパと言うぐらいだから最低4人は来る可能性大(~_~;)

うーーーーどうしよう。それに美人さんときてるし・・・・・・(悩む私)

そして京都時代の友人のY君にメールした。
「今○○、緊急事態発生!!○○にてコンパの代打、助けてくれ、9時に待つ」
Y君とは京都時代の同僚で私より二つ年上のバツイチ仲間、奴と二人ならコンパも乗り越えられる。そう確信しました。

でも、不安は募るばかり、でも代打を引き受けたからにはもう後戻りできない。それにまあ、美人さんと言っても女性が見る美人や可愛いと男性から見るそれはあてにならないからね、まっ、二十歳の女の子なんてまだまだおぼこい、その辺のがきだと思って対処、ま~なんとかなるか。

と自分に言い聞かせ汗ばむ手で生ビールを一気飲みした(笑)

お待たせ~(^^ゞ
背後からママちゃんの声がした。そして私は満面の笑顔で振り向いた。

目が点になった・・・・・・・(・_・;)

ママちゃんの背後に一人の女性が立っている。

すげーーーーーーーー美人、芸能人で例えるなら歌手のBoA

Boa_photo


スタイル抜群!!長い髪が資生堂椿のCMを思い出させた。

逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃ・・・・・・・ダメだ。

もう完全に自分を失ってた私、そして凄い罪悪感に見舞われた。

逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃ・・・・・・・ダメだ。

おそらくそのBoA似のすげー美人さんもコンパと言うぐらいだからそれなりに期待して来たのであろう。で、来てみたら最近若干メタボリックのおっさんが目の前に居たら・・・・

早速席につき、私は言い分けから始めていた(笑)

御免ね、こんなおっさんが居るとは思ってもいなかったでしょ。いや、別に、あの、その・・・・・・・・・○△□※・・・・・ orz

BoAちゃんは恐縮しながらにっこり笑顔で私の話を聞いていてくれました。

すると横からママちゃんが「事情は話してあるから」と教えてくれた。
その言葉に安堵した私、

それに私は大人、二十歳の女の子とどうこうなんて考えていない。
お兄さんにでもなったつもりでここはせめて思いっきり楽しませてあげて帰してやろう。
今日は来て楽しかったと思えるぐらい(^^ゞ


そしたらメールアドレスぐらい教えてくれるかも知れない。
Peace_macさんって素敵~私年上の男性が好きなんです。なんて言いだすかも知れない。
ほろ酔い気分で加茂川を散歩、「私少し酔ったのかな~」なんてあるかもしれない。
「今日は帰りたくないの。」「一時の感情でそんなこと言うもんじゃない」「でも、私・・」
「今日は家に送るから」「Peace_macさんって大人ね、私好きになっちゃった」
えっと^^^^^^それから~

うん?なんかおかしいですか?(^^ゞ

私はBoAちゃんに聞いてみた「そんなに綺麗なのに彼氏がいないなんてね、好きなタイプは?」

BoAちゃんは答えた、芸能人で言えば「TOKIOの長瀬智也」

私の上記大きな妄想は音を立てて崩れていった。

気を取り直そう

「どんな仕事の人が良いの?」また聞いてみた

BoAちゃんは答えた、「やっぱり整形外科医」

整形外科医って・・・・・私、放射線技師。

私の崩れて影も形も無い妄想がさらに木っ端微塵になった。(__;)

その後やたら騒がしい女性が現らわれたけどBoAちゃんが気になって・・・・

終電が迫っていたのだがなかなか帰ると言い出せなくて・・・・・
しかし、このままここに居たところで長瀬智也にはかなわない。
でも帰れない。いつのまにか0.000000000001%の可能性にかけてる私、

逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃ・・・・・・・ダメだ。

電車、逃げちゃった。(__;)

あっ、Peace_macさん電車大丈夫?騒がしい女性が聞いてきた。

電車、終わった(__;)

じゃーーー朝まで飲もうね!!(^_-)-☆


って同じ言うなならBoAちゃんが言ってくれ(-_-;)

そういわれて苦笑いしてる私、すると後から遅れてきた友人のYくんが

「JRならまだあるんじゃない?京都駅まで車で送るよ」

この状況で帰ると言う事は全てを捨ててしまうということ。
しかし、私はどう考えても長瀬智也にはなれない。しかし例え1%の可能性にかけるのか男というのであるが、このまま盛り上がり、二次会に行き、所持金を全て使い果たし
「ご馳走様でした」とだけ言われて始発で帰るなんて・・・・・・・

後ろ髪を引かれながら私は車に乗り込みました(男らしい引き際)

Y君の愛車、年代物のシトロエンは11時25分ごろJR京都駅滑り込んだ。

車から飛び出し、在来線のホームに猛ダッシュ!!!

発車のベルが鳴り響いている。

「待ってくれ~それに乗らなきゃ帰れない!!!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目の前で閉まる電車の扉

シューーーーーっ、


乗れなかった(-_-;)

いや、まて、もしかしたらまだ間に合う電車があるかもしれない、徐にau携帯を取り出し乗り換え案内にアクセス!!

「23時32分初、のぞみ136号 新大阪行き」

助かったっ!のぞみ、のぞみ~(探しまくる私)

必死で在来線のホームを探しまくる私、しかし探せど探せどのぞみはいない(-_-;)

発車の時間は刻々と迫ってる。

このまま乗り遅れたら京都で一泊、でも送りのY君はもはや帰宅した後、
一人ビジネスホテルで泊まるのか?それだったらあのまま残ってて0.000000000001%の奇跡に賭けてもよかったんじゃないか?もしかしたら今頃BOAちゃんと加茂川の河原を寄り添って歩いているのではないか?そんな事が走馬灯のように(走馬灯の使い方間違ってるよな)ぐるぐると頭を駆け巡っていた超諦めの悪い私。

後3分、でものぞみは見当たらず。

感極まって駅の窓口に行って「すいませーん。のぞみの乗り場はどこですか?」

「のぞみは新幹線です」

はっ、新幹線・・・・(-_-;)

良く考えたらのぞみは新幹線だった。発車の時間が迫ってたので頭の中が大パニックだった、そんなことも解らないのか!!Peace_macのあほーーーーー!!

後は一目散に新幹線乗り場に走っていった。
改札は無視、のぞみーーーーーーー待ってるよ~いますぐに行くからなぁ~

ぷシューーーーーーーーー。(ドアの閉まる音)


流れゆくホームを窓から眺めていた。
間に合ったんだ、俺は間に合ったんだ!!!!!のぞみ~ありがとう!

そしてPeace_macの夢は終わったのであった。

財布の中に残った1万年札5枚、準備万端だった。

減っていない財布に涙を流したPeace_macがいた。

 BoAち~ゃん  (涙)  諦めの悪い奴    完

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

母のこと(その4)

なんだか毎日寒くなったり暑くなったりと変な気候ですね。
身体の調子もいまいち、朝が全然起きれない、これも秋だからでしょうか、でも秋と言われても日中暑かったり、突然寒くなったりと去年までの秋とは全然違うような・・・・・
考えれば近年騒がれてる地球温暖化、去年まではあんまりこの身で感じる事はなかったけど今年になって初めて目の当たりにしてるように思えます。
今年の紅葉は師走・・・・なんてこともなりかねないですね(^_^;)

さて、前回も書いた「母のこと(その3)」かなり気の重いお話で大変恐縮に思っています。
そう思いながらもこんなお話を書こうと思ったきっかけは私の周りにも介護で苦労する人が増えてきたというのが一番の理由でした。私は今年で44歳、友人たちの両親の年齢層が70歳ぐらい、認知症が射程圏、もちろんそんな病に悩まされることも無く人生を全うされる方も沢山いらっしゃいますが今現実に介護をされてる方に「後悔しない介護」と言うのを考えていただければと思いました。ただ私の書く記事を読んで下さった方々が「じゃーこうすれば良いんだ」なんて正しい答えは出ないと思いますし私がそんな大それた事を偉そうに言う立場でもありません、その理由は私自身も今だに何が正しいのか?正しかったのか?なんて理解出来てないからです。この記事を書きながらも尚、どうしたら良かったんだって自問自答してしまいます。介護の過程で誰しも感じる大きな驚き、認知症だからと頭で理解出来ていても患者である自分の親の異常な発言、言動、行動を目の辺りにすると「なぜ?どうして?しっかりしてくれ!!」と介護する側が精神的にまいってしまいます。自己嫌悪、後悔、怒り、悲しみ、それらが毎日毎日津波のように押し寄せてきます。でもそれは介護の経験を持つ人からアドバイスすればみんな同じなんです。驚かないで頑張って欲しい、そんな気持ちで書いています。

ここからかなり重いお話になります。
お付き合いくだされば幸いに思います。

続きを読む "母のこと(その4)"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

母のこと(その3)

脳のCT画像、そこには人間って凄いよなって驚きがあります。
頭蓋骨の中に納まった脳の実質、ここで物を考え身体の動作の指令を出したり、考えたり、笑ったり、悲しんだり、怒ったり、技師として病院に勤めエックス線と言うもっとも画期的な無傷で人体の内部を見る方法、すごく馬鹿げた話なのですが世の中で何かを動かすにはガソリンや電力、古典的な仕掛けで言えばぜんまい、そういうものがあって初めて物体は動作するんですが地球一高度な文明である人間はこんな頭蓋骨に収まった言うなれば細胞の集合体?肉の塊?人間だけじゃなく地球上の生物が同じような仕組みで動かされてるって「それが命なんだよ」って言われても不思議に思えます。

あははは、突然お話がなんのこっちゃ?ですね(^_^;)

いやいや、毎週月曜日に私の勤める病院に放射線科のドクターが来て1週間撮影した脳に限らず全てのCT画像に診断を付けて頂いてるんです。私も読影のお手伝いをするのですがその先生が教える事が大好きでお手伝いに付く私に一から十まで詳しく説明してくれます。
脳のCT画像を見て「この患者さん○○に障害出てませんか?」とか「認知症があるでしょ」とか「こことここがおかしいから△△な障害が出てるはずです」とか患者本人を見ずにズバリ見抜いてしまいます。放射線科医なんだからそれぐらい見抜いてあたりまえな話なんだけど現実問題そこまで的確に判断できる医者は少なくとも私の知ってるかぎりでは数少ないです。
まっ、元某一流国立大学の助教授で渡米して教授の経歴を聞くと流石だ!!って納得してしまいます(^_^;) それにそんな偉い先生に毎週マンツーマンで指導してもらえる私は超ありがたいお話なんだけど説明に夢中になりすぎて先に進まない・・・・苦笑します(^_^;)

さて、いきなり脳の話題から入ったんだけど以前から書いてて停滞してた亡くなった私の母の認知症のお話、その後日談です。

母のこと(その1) (その2)で亡くなった私の母の痴呆症を発症するまでの過程を書きました。気が付けばかなり長文になりました かなり重たい話しになりますがお付き合い頂ければ幸いに思います。

続きを読む "母のこと(その3)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

祭りの後

秋祭り強者どもが夢の後。

はっぴ姿の青年団が終わる祭りに名残を惜しんで涙を流しながら鐘と太鼓を打ち鳴らしています。

祭りが終わると秋、そしてあっという間に冬、そして1年。

毎年繰り返される事だけどほんと風情を感じます。

まっ、私自身、祭りに参加するわけじゃないんだけどね。

あ〜また一年が過ぎて行くんだな〜って・・・・・・

そう感じるわけです(^_^;

時代が変わってもこれだけは全然変わらないんですよね。

さてさて、後は夢に夢中の青年団が飲めもしない大酒かっくらって酔っぱらって道ばたにごろ寝(-_-)゜zzz…

最近は朝晩寒いよ〜(^_^;

そうそう余談ですが、女子高生も転がってるんですよね(笑)

あっ、MOTOさん!!そこに注目しない!!!(爆)

少年少女よ!!!どうかご無事で・・・・・(笑)

さて、明日もお休み、私はといえば芋焼酎を片手にグラスを傾けて秋の訪れを感じています。

夜風が心地よい、そんな秋の訪れです。

う〜ん。最後ちょっち格好いい〜!!!!。。。。かな?うふ♪(* ̄ー ̄)v



| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »