« 祭りの後 | トップページ | 母のこと(その4) »

2007年10月15日 (月)

母のこと(その3)

脳のCT画像、そこには人間って凄いよなって驚きがあります。
頭蓋骨の中に納まった脳の実質、ここで物を考え身体の動作の指令を出したり、考えたり、笑ったり、悲しんだり、怒ったり、技師として病院に勤めエックス線と言うもっとも画期的な無傷で人体の内部を見る方法、すごく馬鹿げた話なのですが世の中で何かを動かすにはガソリンや電力、古典的な仕掛けで言えばぜんまい、そういうものがあって初めて物体は動作するんですが地球一高度な文明である人間はこんな頭蓋骨に収まった言うなれば細胞の集合体?肉の塊?人間だけじゃなく地球上の生物が同じような仕組みで動かされてるって「それが命なんだよ」って言われても不思議に思えます。

あははは、突然お話がなんのこっちゃ?ですね(^_^;)

いやいや、毎週月曜日に私の勤める病院に放射線科のドクターが来て1週間撮影した脳に限らず全てのCT画像に診断を付けて頂いてるんです。私も読影のお手伝いをするのですがその先生が教える事が大好きでお手伝いに付く私に一から十まで詳しく説明してくれます。
脳のCT画像を見て「この患者さん○○に障害出てませんか?」とか「認知症があるでしょ」とか「こことここがおかしいから△△な障害が出てるはずです」とか患者本人を見ずにズバリ見抜いてしまいます。放射線科医なんだからそれぐらい見抜いてあたりまえな話なんだけど現実問題そこまで的確に判断できる医者は少なくとも私の知ってるかぎりでは数少ないです。
まっ、元某一流国立大学の助教授で渡米して教授の経歴を聞くと流石だ!!って納得してしまいます(^_^;) それにそんな偉い先生に毎週マンツーマンで指導してもらえる私は超ありがたいお話なんだけど説明に夢中になりすぎて先に進まない・・・・苦笑します(^_^;)

さて、いきなり脳の話題から入ったんだけど以前から書いてて停滞してた亡くなった私の母の認知症のお話、その後日談です。

母のこと(その1) (その2)で亡くなった私の母の痴呆症を発症するまでの過程を書きました。気が付けばかなり長文になりました かなり重たい話しになりますがお付き合い頂ければ幸いに思います。

山から瀕死の状態で帰ってきた母、幸いだったのは病院に入院することもなくごく普通の生活とごく普通の食事だけで体調は見る見る元気になりました。 当時姉の家で引き取ってもらってたので姉から聞く母の毎日は穏やかなものでした。ただ相変わらず変わらなかったのは神仏を極端に嫌う性格、ただそれだけで した。その2の最後にも書きましたが母にとって自分が信じたものに裏切られた、とは言っても悪意のある宗教団体に裏切られただけで神様仏様が何かをしたと いうわけではありません。でも母にとっては「神仏=絶望」そう思わせたのも今から考えれば現実と虚像が理解出来ない認知症のせいだったと思います。

そんな日々の中、姉も姉の旦那も孫たちも母に誠心誠意尽くしてくれていました。

でもそんな状況でもこんな面白い話もありました。

母の認知症を少しでも改善させようと姉の旦那が和歌山から紀州の梅を買ってきて母に梅干を作らせようとしました。紀州の生梅って無茶苦茶高いんですよね、でも漬けると小さくなるのでどうせ作ってもらうんだったら良い物をって感じで大枚叩いて買ってきたそうです(笑)

さて、母の梅干作りが始まりました。過去にも母が作る梅干と梅酒には結構定評があったのでみんなで期待していました。母は母でかなり張り切って作り出したそうです。

1ヶ月ぐらいだったか、姉の家に遊びに行ったら姉が思い出したよう

「おかあちゃんの漬けた梅干ちょっと怖いよ(^_^;)」

と姉、なんの事だか分からずよくよく聞いてみると。

「手順は完璧だと思う(姉もじっくり見てない)」
「しっかり天気の良い日に外で干してたし・・・・・・」
「ただ、ある程度出来上がってから解ったんやけど塩を使った形跡がないねん・・」

えっ、塩の形跡がないって?・・・

「ただ、砂糖の大袋が転がってた・・・・」

シソはあったのか?(・_・;)

「それは見ての通り漬かってる。」
「ただ焼酎の大瓶が転がってた・・・・・・・」

姉と私、お互い顔を見合わせ・・・・・・・・・・大爆笑(^^ゞ

「食べてみる?」と姉

「いや、それは数ヵ月後のお楽しみという事で・・・・」

「そうやね、それが良いと思う」

母の頭の中は普通にこんがらがってたと思う。(笑)

長年作り続けてた梅干と梅酒、そして今回チャレンジしたのは梅干。
レシピは完璧だった、ただ

「目標は梅干、過程ちょっと梅酒」(爆)

後日談だけど1年後、母が他界してから49日目の法事、母を思い出し、カビひとつ生えず良い色に仕上がった梅干?の封を開けた、それは母のオリジナリティー溢れる新種の梅干?梅干?だった(笑)

もうひとつ!!

それはチェーン展開のお好み焼き屋での出来事だった。
私 と妻、そして母の3人でお好み焼きを食べに行った。もともと母は父が亡くなってからお好み焼き屋を営んでいた。それもそこは根っからの商売人の妻、お好み 焼き屋をやるならしっかり修行を!!ってな感じで堺でも有名なお好み焼き屋に修行に行って商売を始めました。当時は近所でも結構好評で常連客もそこそこあ りました。

そんな経歴を持つ母と行ったお好み焼き屋、その店は自分で焼くタイプのお店でチェーン店なのでそんなに味は期待出来ないし実際母を連れて来る前に妻と食べに来てたんだけど食べれないこともないがおいしい店とは言えないのは承知のうえだった。

ちょっと話は変わりますがこの頃の母は日増しにボケが強くなっていました。
知り合いの紹介で認知症の名医と言う元大病院の精神科の部長が開業したクリニックに通っていました。それこそ著書もある大先生、私たちは期待してました。
そ もそも精神科や神経科や神経内科と言われる所は患者と時間をかけてしっかり話をしてその患者に適切な治療を施す地道な医学、著書もあって大病院ではかなり 評判の良い先生と聞いていましたから私たちは期待しました。数日前に予約して母を連れてクリニックへ、待合室は結構混んでいました。嫌な予感がしたんだけ ど名前を呼ばれて診察室に入りました。そして5分後、診察終了。お薬をもらって帰宅しました(-_-;)

名医も大きな医療機関で沢山のスタッフがいて経営と言う概念に囚われず自由に診療が出来る環境以外ではタダの個人経営者、患者一人に数時間もかける余裕なんてあるわけもなく現実問題「良い先生だった・・・」という過去形、残念でなりませんでした。

そんなもんなんですよね、まだ政治職は強いけど共○党系列の民○連の病院の先生やケースワーカーの方々の方がよっぽど患者の為に診察してくださいましたよ。

話が脱線してしまいました。(^_^;)

ウエイトレスが運んで来たお好み焼きの材料、それを目の前にして言葉少なかった母の目が爛々と輝きました「おかあちゃんが作ったる」母の凄い勢いでした。元お好み屋店主の血が騒いだのでしょう手際完璧!!一丁あがり(^^ゞ

お好み焼きってね、生地の量と生地の混ぜ具合で別物になるんですよね(笑)
表面カリット噛めばさっくり中はトローリ。ほんと以前同じ店で食べた物とは大違い、妻と二人で大笑いしていました。母は母で満足そうで「お好み焼きと言うのは・・・」うんちくが出だしてそれはもう水を得た魚でした(笑)

そんな日々もありながら大ボケはかますものの平穏な毎日、母の妹夫婦のはからいで始めての海外旅行、中国の大地で何か変わるかも?と母を連れて行ってくれました。

で もそんな行為と裏腹に病は徐々に母の脳を侵食していってたと思います。症状は認知症の初期段階に見られる散歩に行って道に迷う、お小遣いを持たせてもすぐ なくなる。でも何かを買った形跡は無いetc・・・的な一般的なものでした。でもまだ救いだったのはそんな症状はまだまだまだらで、面と向かって話し出す と普通に理解できる状態でした。

ある日の事母から泣きながら電話があった。内容は「家に帰りたい」だった。
姉夫婦は精神誠意、母の面倒を見てくれていた。もちろん姉にとっても自分の母である。
面 倒を見るのは当然と言いながら見てくれていた。でも母にとってはたとえ娘と言えど娘の旦那さんに対して恐縮していたんだろうと思う。自転車で10分も走れ ば自分の家があるのに「なんで私は家に帰れないのか?」母は自問自答していたと思う。もちろん自分が認知症であるなんて考えるわけも無いからなぜ娘の嫁ぎ 先で生活してるのか?なんて理解できるわけも無くたまり溜まった鬱憤がとうとう爆発したんだと思います。

「おかあちゃん、帰っておいで」

私は母にそう言うしかありませんでした。
後先なんて考えてなんていません。夫婦共働きの我が家に母が来て日中一人に出来るのか?考える余裕もありません。なんとかなる。なんとかしないと・・・・・

母と私と妻の3人の生活が始まりました。
母親の認知症の改善に役立つかなと一匹の子犬を買いました。その名をパピと名づけました。そう名づけたのは母、たまたま通りかかった道でたまたまあったパピヨンと言う名のスナック、「おかあちゃん名前何にする?」

パピ(^^ゞ

あまりに即効で答えたので嫁と二人で大笑いしていました(^^ゞ

当時の私は常勤として定職に付いていませんでした。週末にエアロビクスのインストラクターをやりながら平日は健康診断のバスに乗って撮影するアルバイトをしていました。
朝 は早いんだけど早ければ朝の10時には仕事が終わっていました。そんなバイトを月に20日から25日、収入に不安はありませんでした。(将来には不安があ りましたが(^_^;))妻もインストラクターだったので1日2本~3本のレッスンをこなしてレッスンの間で時間が出来れば自宅に帰ってきました。

妻もよく母の話し相手になってくれたり買い物に引き連れて行ってくれたりと母の面倒をよく見てくれていました。ほんとにありがたい。私は感謝の気持ちでいっぱいでした。
母は母でたまに一人で近所を散歩したり好きな編み物で一日中過ごしたり。結構外に出るよりも家でいるほうが長かったように思えます。

仲の良い、幸せそうな親子3人、周りはそう見ていた事でしょう。

無論それは間違いではありません。ただ一旦家に入ると壁じゅうに張られた張り紙。

「いえをでるときはかぎをちゃんとしめてね」
「タバコの火にちゅうい!!」
「ガスのもとせんはしめること」  etc

母に対しての注意書きの張り紙でした。
念 のため玄関のドアには扉が開くと二階の私達が寝ている寝室のブザーが鳴る仕掛けも取り付けました。張り紙に関しては認知症がそんなにも目に見えて酷くな い、(酷くないように見えるかな?)いわゆる「まだらボケ」だったので張り紙を見れば気が付くレベル(実際は守れず火事になりかけた事もありましたが (^_^;))でしたので効果はありました。

問題はお金でした。お金を持たせても何に使ったか夕方には一円も持っていません。「何を買っ たん?」って聞いても考え込むばかり。なので大金を持たせるわけにはいかないので財布の中は硬貨だけ、大の大人の財布の中に硬貨だけ、考えて見れば仕方が 無いとは言え残酷な事をしたと今も思い出せば心が痛みます。

ある日どうしても二人が夕方まで家を空けなければいけないときがありました。 母の昼食を作り置きして「昼はこれ食べてね、そして後、コーヒー飲みたくなったら来夢来人(母のなじみの近所の喫茶店)に行って飲みや」、と500円を渡 しました。余談ですが来夢来人のママは母の異常に一番先に気が付いた人でした。母は店で何度も大ボケをかまし迷惑をかけていたと後から知りました。勝手に 店の前にある花壇から花を抜き取って行ったり、お金を払わずに店を出たり・・・・・・ そんな母を見てママは認知症を疑っていました。でも決してそれを攻 めることもしないで暖かく迎えてくれて、私達にさえ黙っていてくれていました。

夕方、私が自宅に帰ると母は自分の部屋で編み物をしていました。
母は数ヶ月前から私の嫁にセーターを編んでくれていました。「いつも世話になってるからって・・・・・」母は編み物が得意でした。本を見ながら一生懸命編み物をしていました。

母に声をかけ一旦自分の部屋にあがろうとふと台所のテーブルの上を見ました。
うどん玉3個、揚げさん、ねぎ、そんな食材が無造作にテーブルの上に散らばっていました。

「おかあちゃんこれどうしたん?」と聞く私の問いに知らないと言わんばかりに首を傾げる母、どうしても思い出せない母、「来夢来人行ってきたん?」首を横に振り「どこにも行ってない」と言う母がいました。

無造作に散らばった食材にはダイエーと書いてありました。
歩いて10分、母がダイエーに買い物に行った事は明らかでした。

数日後、とうとうその時がやってきました。
仕 事を終えて私が自宅に帰ると相変わらず自分の部屋で編み物をする母の姿がありました。しかし、帰ってるはずの妻の姿がありません、でも靴があるので二階に 上がって行きました。部屋の電気も付けずにパピを抱きしめながらうずくまる妻の姿がありました。そして私の姿を見て涙をぼろぼろ流す妻、「どうしたん?何 かあったのか?」と聞く私の問いに

「おかあさん怖い!!」

の言葉でした。よくよく事情を聞いて見ると母と妻と二人の時に妻の後ろにボーっと立ってる母がいたり、支離滅裂、わけの分からないことを言い出したり、母に近づく愛犬パピに対して初めは可愛がっているのですが急に足で蹴飛ばしたり手で掴んで放り投げたり・・・・

別 に妻に対して危害を及ぼすのではなく認知症の為に出る母の異常な行動が妻に対して恐怖心を与えていたのです。「いつから?」と聞くともうずっと前からと言 う答えが帰ってきました。妻は認知症だから仕方ないと自分に言って聞かせ、私に心配させないために黙っていてくれてたようでした。そしてこの日

「お金が無い!!私が貰った年金が無い!!どこにやったんや!!」

と母が妻に攻め寄ったみたいでした。その異常な行動が我慢していた妻の神経の糸をぷつりと切ってしまい異常な行動や言動に我慢しきれず二階の自分の部屋に逃げていたと言うことでした。

私は母の元に近づきました。「おかあちゃんただいま」と言う私の言葉に母は普通に「あっ、おかえり」と返事をしてくれました。また普通に戻っていたのでした。

しかしそれは長続きしませんでした。しばらくして母の部屋を覗いた私が見たものは座布団に座り込んで涙を流す母の姿でした。

「おかあちゃんどうしたん?」

私が母に尋ねると「Peace_mac!!お前はなんて酷い息子や!!!」という母の怒りの形相でした。「何の事?」と聞くと母は怒りと涙の入り混じった形相で

「ほんまにお前はなんて酷い息子や!!おかあちゃんが折角貰った年金をどこに隠したんや!!年金を貰ったらお前に1万円○○ちゃん(妻)に1万円、康之に1万円(母の孫)ってあげようと思って置いてあった年金を勝手に盗みやがって!!」

と大声を張り上げていました。

「おかあちゃんしっかりして!!お母ちゃんは今年で61歳やで、年金は65歳からやろまだ貰ってないねんで!!」

と説得しました。でも母は「そんな事はない!!」と言い張って聴きませんでした。

お金に対しての異常な発言、とうとう一番恐れていた事が現実に起こった瞬間でした。
私は涙が出てきました。いや、涙と言うより母にしっかりして欲しいという気持ちが母に対して私は冷静な判断を失っていました。必死で説得する私、話はだんだんヒートアップしていました。

「なんで解らへんねや!!!!!」

私は力いっぱい部屋の扉の壁を拳で殴りつけていました。
部屋中に響き渡る扉が凹むぐらいの大音、私の拳は赤く腫れ上がっていました。

その音に驚いた母も沈黙していました。
それからはもう無我夢中でした、一から十まで母の今の状況を説明しました。
後から考えたらそんな状況の母にいくら説明したところでどうなることもありません。
で も私は我を忘れていました。認知症の母に「あんたはボケてるんや!!」と言ってしまいました。必死でそれを否定する母、「おかあちゃんそしたらこの紙に自 分の住所と名前を書いてみ!!」と言いました。もともと言い出すと頑固な母でした、すぐさまペンを取り自分の名前と住所を母に書かせていた日記の裏表紙に 書き出しました。

大阪府、・・・・・・・・
そこから先が書けません。
大阪府堺市・・・・・・・・
大阪府堺市○○×町、△丁・・・・・・・・・

○○△美・・・・・・(←名前)  (○△×は正しい答えではありません)

もう完璧に自分の住所も名前もすらすらと書けなくなっていた母がいました。
必死で書こうとする母、でもペンが先に進みません。

母の目から大粒の涙がこぼれ出しました。

母が自分が認知症であると母が自覚した瞬間でした。

その後母はずっと黙っていました。私も泣きました、妻も泣いていました。

後から冷静になって自分が母にした事を後悔しました。
世界一親不孝な事を私は母にしてしまったのでした。

つづく

|

« 祭りの後 | トップページ | 母のこと(その4) »

認知症」カテゴリの記事

コメント

うちのばあちゃんも痴呆がでてます。
普段は、普通、
凄いときは、昔の事を、さっきの出来事の様に語ります
(普通の人はソコまで覚えてないっしょ、ってクライ)
でも、ダメなときは、もう全然だめで、名前すら、すぐに出てこない。

ずっと、家族で見る、といって、叔父の家にいたのですが
最近、とうとうデイケアにはいりました。

悲しいですが、相当周りも迷った末の結論。。
うーん、と言う感じですが、きれいごとでは済まないのも実際の話、、ですよね。。

投稿: アキオ | 2007年10月15日 (月) 20時29分

キーボードをこうして叩いている間も、涙が止まりません。うちの父と一緒なんです。
訳の分からないことでいきなり怒り出す。理屈で話しても言うことを聞かない。挙げ句に母や私と大声で怒鳴り合う。そんなことが毎日続いています。
理屈で言っても分からないのは承知しているはずなのに「どうして分からないの?!」と思わず怒鳴ってしまうことが何度もありました。怒鳴ってしまった後に襲いかかってくるむなしさと自己嫌悪。言葉になりません。
peace_macさんのお話を伺って、どうしたらいいのか、今また悩んでいます。

投稿: kyao | 2007年10月15日 (月) 21時45分

91歳で亡くなるまで、可愛い半ボケで、祖父の死後15年も、
同居していた家族にさして迷惑なこともなく、過ごした父方の祖母、
祖父の死後、あっという間に「過去の世界に住む人」になって、
自分も家族もわからなくなって、10年間施設で過ごした後亡くなった母方の祖母。
それでも、どちらの祖母も、老後はそれなりに幸せだったのでは?と
思っています。
本当は、もっと、ああして欲しい、こうして欲しいって、
言いたいことを、ぐっと我慢して、
気づかないおばかな家族に呆れていたかもしれませんが・・・。

独り身の私の老後はどうなるんだろうなぁってたまに思います。


投稿: ::frescura:: | 2007年10月15日 (月) 21時59分

>アキオさん
そうですね、絶対に綺麗事では済まない事だと思います。
例えが少しオーバーですが家が大金持ち、ヘルパーさんでも家政婦さんでも
必要ならば簡単に雇える。まあ、他人にお金を出して頼むのが本来の姿ではないけど自分で世話をするという事だけで後は何も心配いらないような環境なら出来るかもしれないですが普通はそんな環境なんてないですからね、健全な人間が何かを犠牲にしないといけないのが介護、息抜きできないとこちらがまいってしまいます。よく親を施設に入れた家族を悪く言うことがありますがあんなのそれこそ他人事、聞いてて腹が立ってきます。
我が身を振り返ればやっぱり自分が大事ですからね、でも現実問題、自分の親、身内である以上ほっとけない、それが人間、それがいたわり、親への感謝だと思います。

>kyaoさん
認知症の介護の経験を持つ人はみな同じ道を通るんだと思います。
記事を書いてて、kyaoさんも今それを感じてるんだろうな〜って思いながら書いていました。でもkyaoさん、kyaoさんも私も同じ、ただ違うのは現在進行形が過去形かと言うことだけなんです。次に(その4)を書こうと思うんだけど、後悔しない介護の意味を解って頂けたら良いな〜なんて思います。この私のお話は後悔しっぱなしの介護、今も尚、その思いは変わりません。どうかお付き合い下さればありがたいですm(_ _)m

>::frescura:: さん

>老後はそれなりに幸せだったのでは?

いや、本当に幸せだったのかもしれませんよ。
それだけ家族が思いを込めてお世話したんじゃないでしょうか?
大往生、そんな人生だったかもですね(^^ゞ

>独り身の私の老後はどうなるんだろうなぁってたまに思います。

あははは、それは私も同じです(笑)
もう日本人の平均寿命の半分は過ぎましたからね、俺が呆けたら誰が世話をして
くれるねん!!ってマジ考えますよ(笑)

投稿: Peace_mac | 2007年10月16日 (火) 00時09分

読んでいるだけで辛くなります。
その頃のPeace_macさんはもっとつらかったんだろうなあ。

投稿: ありしあ | 2007年10月16日 (火) 22時42分

>ありしあさん
読んで頂いてありがとう。
当時は辛いという限界を超えていたように思います。
というか毎日が目まぐるしくて感傷に浸ってる余裕がなかったかな(^_^;

投稿: Peace_mac | 2007年10月18日 (木) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと(その3):

« 祭りの後 | トップページ | 母のこと(その4) »