« 新年会です。 | トップページ | ブログって良いですね »

2005年1月11日 (火)

歌って踊れる放射線技師

日曜日の新年会&同窓会も無事終了でした。ほんと懐かしいかった(^.^)ほんと8年の月日なんてあっという間ですね。でも久しぶりに逢ってみるとみんな 全然変わってないのには驚きでした。ただ総勢10名既婚者2名、未だ嫁にも行かず嫁も貰わず(^_^;)みんなまだまだ自由を満喫しているようで・・・こ んにちはpeace_macです。

新年会の記事で少し触れましたが「歌って踊れる放射線技師」そ う私の本業は診療放射線技師でいわゆるレントゲン屋さん、昭和60年に学校を卒業して国家試験に合格、あれからかれこれ19年間今の仕事を続けています。 興味を持ったダンスの世界、平成元年頃たまたま知り合ったジャズダンスの先生に憧れて訳も解らず入門、当時体重83キロの巨体を窮屈に動かしながら必死で 頑張った25歳の頃、単純に先生が可愛いかったと言う不純な理由で始めましたが発表会に出なければいけない状況になり鏡に映った自分の巨大な姿に涙して「このままではいかん!」と 必死で減量(ダイエット)見事3ヶ月でー26キロの減量に成功!(かなり無謀な減量でしたが愛は勝つ!)そのとき使った手段として始めたエアロビクスが私 をエアロビクスのインストラクターへの道を切り開きました。仕事をしながら養成コースに入学、アフター5はインストラクターとしてレッスンの日々!その数 週10本(そりゃ太る暇はありません)AIFFというアメリカのフィットネス協会の認定を受け頑張っておりました。当時は技師とどちらが本業か解らないぐ らい没頭してましたね(笑)当時は男性インストラクターなんて少ない時代でしたからユニタード(男物のレオタード)にレッスン先の更衣室で着替えていると 会員さんに「ホモ」と間違えられたりして・・・(汗)そ のうちこれ一本で行こう!と一端技師を廃業(実は公務員を廃業)フィットネス一筋で1年間頑張りました。養成コースの講師だった頃の生徒と結婚を機に本業 の技師復活(嫁を貰うとエアロでは食えなかった)自分の仕事を嫁に任せて技師をしながら適度に両立させていました。そんな時期を支えたくれた嫁はもう今は 他人の嫁ですが・・・・(^_^;)エアロのイントラは究極のサービス業やと思っていますね、体を使って指導して会員さんが30人スタジオにいたら60の 目が60分間私を追いかけ、私と同じ動きを続ける!鼻が痒くてかいてたら会員さんもかいていた(^_^;)41歳になった今でもイントラだった頃の思いで は今も忘れません。今は自分のトレーニングの目的で会員さんとしてエアロを続けておりますが独身やし!自由気ままやし!もう一度あの世界に帰りたいような 気がします。  歳やし無謀かな(^_^;)


2005-01-11 11:50        nice!(0) コメント(9) トラックバック(0)
        共通テーマ:         日記・雑感

nice! 0 


       

コメント 9 

面白い人ですね。
私も将来放射線技師になります。今は実験ばっかりで毎日ゾンビになってます。が!プクプクに太ってきてます・・やっばーい
          by          みんみん                           (2005-01-25 15:31)        

>みんみんさん
放射線技師を目指していらっしゃるとの事(^.^)
大阪の技師は結構変わった方が多いですよ(笑)職業としてはやり甲斐のある仕事なので頑張って卒業&国家試験、頑張って下さいね。
          by          peace_mac                           (2005-01-26 10:15)        
荒しではありません。

残念~!!
私、転職して足を洗うことを検討中です。というか水面下でその準備を始めました。
何年やってもやり甲斐を感じることができませんでした。バイトでもやることはないでしょう。
まぁ性に合わない仕事だったんですね。
          by          通りすがりの放射線技師                           (2005-03-08 11:30)        

>通りすがりの放射線技師 さん
コメントありがとうございます。
足を洗うんですか(^◇^;)
私もフィットネス業界に転職したことがありますがなかなか両方を収入の面で天秤に掛けると技師の仕事の方が利益はあがりました。
結局食べていくために技師に逆戻り(__;)なかなか考え方によっては重みのある資格ですよね。ともあれ転職が旨く行くといいですね。頑張って下さいね!!!
          by          peace_mac                           (2005-03-08 22:53)        
レス有難う御座います。
検診車乗り5年→某県立病院9年(3病院を転々)とやってきましたが‥
拘束されること、呼び出されること、夜間に仕事すること、などなどが性に合わないようで何年やっても馴染めないんです。仕事する時はちゃんとして、寝る時はちゃんと寝る、メリハリのある仕事がいいなと。
好きでなった仕事でもないので、どんな楽な仕事内容でもシックリこなくて。ほんとに好きな仕事だったら24時間やってても飽きないはずでは。

もっと色々書きたいことありますが、この辺で失礼しますね。
          by          通りすがりの放射線技師                           (2005-03-09 11:04)        
あの、はじめまして。放射線技師ってズバリやりがいはありますか?
          by          そこらの高校生                           (2005-03-26 18:55)        

>そこらの高校生さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
放射線技師のやりがいですか(¨;)
そうですね〜私達は医師ではないものの医者が患者さんの治療方針(病名等)を決定判断するための大事なポジションですね。
骨や胸のレントゲンはそんなに技術を必要としませんが胃部透視(バリュウム検査)や大腸検査、腹部超音波検査など術者の検査技術は元より診断能力がかなり 必要とされます。私達技師には最終的な診断権はありませんが知識や技術が未熟だと病気を見逃す可能性が大になります。(結果人の命に関わってきます)その ためにもある意味医者以上に検査に精通していないととんでもないことになりますね。
”やりがい”ということですが勤める職場によって感じ方が変わってくるとおもいますよ。卒業後即診療所や検診屋に行くとやりがいが薄れる可能性もありますね(^◇^;)ようはやりがいを求めるなら総合病院か何でも検査をさせてくれる職場に勤めるべきですね。
          by          peace_mac                           (2005-03-28 09:50)        
ありがとうございます。場所によってはやる気をなくしてしまうということですね?では、就職は今、難しいですか?
          by          そこらの高校生                           (2005-04-02 16:36)        

>そこらの高校生さん
>場所によってはやる気をなくしてしまうということですね?
そうですね(^◇^;)
後はバカな医者との付き合いにもジレンマを感じることがあります。
医者が一番の日本の医療業界なので仕方がないと言えばそうなのですがあくまでも私達技師は診断決定権はありませんから医者が黒である!と言ったものは黒で 白にはなりません(__;)たとえ黒が明らかに間違っていてもです。ただそんな日本の医療業界にも私達技師の意見を尊重してくれる医者もいるのは事実で す。そんな職場に勤めることができればやり甲斐もあると思いますよ(^.^)
私のブログのお友達のkyaoさんの言葉を引用させて頂くと
「自分を信じてくれるもののため、
  自分を必要としてくれるもののため頑張ることが出来る」
医者が私達放射線の専門家の能力を信じてくれれば頑張って仕事もできる。と言うことです。

>就職は今、難しいですか?
そうですね(__;)
最近は新卒も難しいみたいです。
このての技術業界でよくある飽和状態っていうやつです(__;)
しかしそこらの高校生さんが卒業する頃には現状がどうなっているかは実際の所わかりません。技師学生の時に実習先の病院で
「卒業したら是非うちにおいで!」
もありますから全く期待が無いわけではありません。
もし技師を目指すのであれば色んなしがらみを覗けば放射線技師も一生の仕事としての価値も十分にありますので頑張って下さい。
          by          peace_mac                           (2005-04-02 16:59)        
   

|

« 新年会です。 | トップページ | ブログって良いですね »

過去を振り返ってみたりして」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌って踊れる放射線技師:

« 新年会です。 | トップページ | ブログって良いですね »