« 馴染みのBARにて | トップページ | 本気で風邪 »

2004年12月20日 (月)

酒を呑みながら語る人生

月曜日です。また今週いっぱいしんどいですね。土日はブログお休みしました。ネタはあったのですが忘年会で呑みまくりコメント付けて頂いた別の記事にレスをするのが精一杯でした。毎日欠かさず書き綴っておられる方を尊敬いたします。

土曜日の忘年会、通ってるフィットネスクラブの集まりでして二次会で普段ジムで挨拶程度交わしている方と意気投合して馴染みのBARに呑みに行きました。 彼は私と同い年の41歳経理関係の仕事をしている方(男性)で未だ独身。30歳の頃電波少年の猿岩石なみの貧乏海外放浪をしていた話を興味しんしん聞いて いました。ニュージーランドでお金が無くなってスープに入れるネギが買えなくて万引きした話など貧乏放浪旅特有のハプニング話を懐かしそうに語っていまし た。仕事は3年周期で変わっていたらしく新しい職場で刺激を求めながら勤めるものの何故か今の生活に「このままで良いのか?」「このまま定年まで勤めるの か?」と人生の行方を試行錯誤していたというのです。それがある時趣味でやってたローラーブレードで若い少年達が勢いよく滑りながら交差点を一気に通り過 ぎていく姿を見てふと自分は交差点では左右確認してから通り過ぎていく姿に疑問を感じたのが旅のきっかけ。少年達はそんな事もお構いなしに通り過ぎてい く。確かに常識的には無謀なしてはいけないことだけど交差点で左右を確認しながら立ち止まる自分が人生を確認しながら生きている。物事の良し悪しを注意深 く確認しながら生きている。普通は誰もがそんな生活でしょうが今の自分にはこんな生活をいくら続けても納得できる答えは出ないだろう。ふとそんな思いを感 じ自分の人生を見つめなをす為に後先考えず最低限のお金を握りしめて放浪の旅に出かけたらしいのです。20代の放浪の旅はよく聞く話ですが30代で放浪の 旅に出かけた彼の勇気に感銘しました。そして今の自分の人生をこのままで良いのか?と同じように考えるけど(私の人生も波瀾万丈です。これはおいおい書い ていきたいと思います)そんな勇気まだないなぁ〜「放浪の旅」ドラマの主人公によくある話だけどなぜかロマンを感じます。きっかけは大きくなくていい!日 常生活のふとした経験から生まれる人生の見直しもあるのですね。また彼と大いに語りたい心境です。(酒の肴に呑みたいだけだったりして・・・ (^_^;))

|

« 馴染みのBARにて | トップページ | 本気で風邪 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒を呑みながら語る人生:

« 馴染みのBARにて | トップページ | 本気で風邪 »